2008年8月11日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Pininfarina と Peugeot

 


訃報

アンドレア・ピニンファリーナが交通事故で亡くなったそうです。享年 51 歳。

ベスパで事故る

縁あって、昨年末から _p_i_n_i_n-f_a_r_i_n_a_ ロゴの入ったクルマを運転しているので、何とも寂しく、残念な気持ちになります。それはそうと、事故の詳細ですが、なんでも「ベスパに乗ってオフィスに向かう途中で車に跳ねられた」のだとか……。

それって「銀魂」の銀ちゃんを地で行っているとしか……。

改姓……できるんですね

イタリアでも「ピニンファリーナ」という姓はあまり耳にしないのですが、もともとは Battista "Pinin" Farina が創業した会社なんだとか(Battista Farina なら、イタリアではふつーの名前です)。ただ、「ピニンファリーナ」というブランドが名を成したからか、姓を「ファリーナ」から「ピニンファリーナ」に改めたのだとか。イタリアでは、そんなことができちゃうんですね(笑)。

Ferrari に代表される自動車のデザインおよびエンジニアリング、中規模の生産工場を持ち委託生産を主とし、特に既存車からカブリオレ、バリオルーフなどのコンバーチブルにリデザインすることを得意とする。また、デザイン分野において垣根がなく船舶、電車、トラック、バス、トラクター、モーターサイクル、フォークリフト、オフィスチェア、プロジェクター、スピーカー、エスプレッソマシン、ゴルフクラブ、電話機、サングラス、時計、靴、歯ブラシ、ジャクージ、PC 周辺機器などまで幅広く手がける。
(Wikipedia 日本語版「ピニンファリーナ」より引用、Yahoo! ブログの言葉狩りのため一部改変を余儀なくされています)

ふむふむ。ピニンファリーナは単なるカロッツェリアだと思っていたのですが、然に非ず、工業製品のデザイン全般を手がける会社だったのですね。それにしてもピニンファリーナデザインの歯ブラシって……。

Pininfarina と Peugeot

ピニンファリーナは、Ferrari ら Lancia、Maserati との関係も然る事ながら、プジョーとのコラボレーションもかなり多かった……と認識しています。ふむふむ、最初は 1969 年の Peugeot 504 Coupé/Cabriolet で、次が 1983 年の 205、1987 年の 405 と続いて、1993 年には 306 Cabriolet、そして 1996 年には 406 Coupé のデザインを担当していました。

その後のプジョーはデザインの内製化を推し進めたので、ピニンファリーナのデザインは採用されなくなった……ということは、406 Coupé は最後のピニンファリーナ・デザインなのか……と思っていたのですが、ひっそりと 1007 のデザインを担当していたのでした(2004 年)。むむ……、言われてみればリアビューがほんのちょっぴりお洒落さんかも知れないけれど……。むむぅ。

プジョーも、単なる自動車メーカーではなくて、自転車を作っていたり胡椒挽きを作っていたりしますが(あ、「しましたが」かも)、ピニンファリーナデザインのプジョーの胡椒挽きとかあったら……無駄に高そう(笑)。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク