2008年10月23日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

北海道の旅 2008/夏 (62) 「アビイ・ロードと傷害未遂(違うだろ)」

 


見上げてごらん

函館港フェリーターミナルに向かう道すがら、信号が赤になったので、ふと空を見上げると、函館空港にまさに着陸せんとする航空機の姿が見えました。


ちょっぴり拡大して見ましょうか。


これは……。B737……でしょうか? B737 よりも小さいようにも見えるのですが、だとすると何かなぁ、と。まさか、ボンバルディア?(まさかね)

ほんの思いつき

せっかくなので(またか)、ふらっと空港にも立ち寄ってみました。お盆明けの夏休みとあって、かなり混雑していましたね……。

一昨日の記事でもご紹介したように、かつての「戸井線」の跡地は、函館空港のすぐ側を通っています。残念なことにターミナルビルとは正反対の経路ではあるのですが、ちょちょいと経路を変えてやれば、五稜郭から函館空港までの「空港アクセス鉄道」として使えそうな雰囲気もあります。

ただ、ここで微妙なのが、JR は函館空港と直結しても何も嬉しくないということで……。千歳なみの便数があるのであれば別ですが、函館ですからね。それに、周辺の自治体への需要がそれほどあるとも思えないですし、地元の方が域内の移動に鉄道を使うとも思えないですし。

アビイ・ロード

富山市内を走っていた JR 富山港線が、どういう経緯があったかは忘れましたが、富山ライトレール富山港線に移管されて、予想外に調子がいい、なんて話を耳にすると、「ここも似たような策は打てなかったのかな」といった考えも浮かびます。

函館市内は既に路面電車が存在するので、そのバイパスラインにするのも面白そうな感じがします。まぁ、跡地が道路に整備されてしまった今となっては、もう遅いのですけどね(笑)。

あ、その路面電車の写真も……一応あります。


今風のレトロな車両(意味不明)ですね。あ、左のお兄さんが微妙に ABBEY ROAD っぽいですが、気にしてはいけません。

われどついたろか

微妙に珍名な駅もありますね。「函館どつく前駅」なんですが、関西人にとっては……ね(笑)。「われ、いてもーたろか」系の駅名です。

函館どつく前停留所(はこだてどっくまえていりゅうじょ)は、北海道函館市入舟町1番地先にある函館市電の停留所である。停留所名の「つ」は大文字だが、読みは「はこだてどつくまえ」でなく「はこだてどっくまえ」となる。元々の停留所名は「函館ドック前」だったが、1984年、「函館ドック」が来島グループの傘下に入り、「函館どつく」に社名変更した際に停留所名も変更したためである。
(Wikipedia 日本語版「函館どつく前駅」より引用)

つまり……。傷害未遂ということですね(←

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事