2008年11月3日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

古き良き WRC とわたくし (違うだろ

 


ラリーネタがヒットしたので、もうちょいとだけ。

古き良き WRC

昨日もご紹介しましたが、List of World Rally Championship records は楽しいネタの宝庫です。例えば、ドライバーズタイトル獲得数はきちんと更新されているのに、NationalityFrance が、Total 5 のままだったりとか……。あ、これは単なる間違い探しか。

Didier Auriol の「1」を忘れてはいけません。

ミシェル・ムートンって?

続けて。同じく Nationality の Event wins を見てみると……。やはりと言うべきか、Finland が 152 勝でダントツなのですが、2 位が France の 111 勝なんだとか。Loeb と Auriol の他に、いったい誰が……? 60 勝近く行方不明なんですよね。うーん、誰だろ。

そうか、パニやん(Gilles Panizzi)が 7 勝か。François Delecour が 4 勝で……。Bernard Darniche なる御仁が 7 勝もしているんですね。Jean Ragnotti が 3 勝で……。他ならぬ Guy Fréquelin も 1 勝していました(笑)。Michèle Mouton が 4 勝……これって誰でしたっけ?

あ、http://www.juwra.com/driver_wins_by_nationalities.html が判りやすそうです。これによると、France は 113 勝みたいですね。ミシェル・ムートンは……、そうか、女性ドライバーだったんですね。4 勝というのはフランス人歴代 7 位なわけで、いやはや大したものです。Philippe BugalskiBruno Saby も 2 勝しかしていないわけですし。

女性と言えば、Manfred Stohl のコ・ドライバーの Ilka Minor がそうですが、昨シーズンのストールはほぼ毎戦コースアウトする酷い有様だったので、コンビ解消してんじゃないか……と心配したのですが、今季も組んで出ているようですね。しかも、ちゃんとポイントを取れたようで。

あと、Kenneth Eriksson のコ・ドライバーを務めた Tina Thörner も……凄いですね。WRC に延べ 17 シーズン参戦したというのは、それだけで十分凄いと思います。ケネス・エリクソンと組む前は Thomas Rådström と組んでいたみたいで、2001 年のスウェーデンでは 2 位にもなっていますし。これはラドストロームのキャリアベストでもありますね。ストールと同じく、2 位にはなれたけれど……というパターンかも。

アイリッカラ、ハマライネン……

フランスの話ばかりするのは不公平ですね。1 位のフィンランドも見ておかないと。152 勝のうち、一番勝っているのが Marcus Grönholm の 30 勝ですね。2004 年からはローブの影に隠れっぱなしでしたが、さりげなく 8 年間で 30 勝は立派なものです。次いで Tommi Mäkinen の 24 勝、Juha Kankkunen の 23 勝が続きます。そして Markku Alén の 19 勝、Hannu Mikkola の 18 勝と来るわけですから……そりゃ国別対抗でトップに来るのは当たり前ですね。二桁組がまだ二人もいて……。Timo Salonen の 11 勝、Ari Vatanen の 10 勝、となります。

Mikko Hirvonen は現在 6 勝で……。Timo Mäkinen がわずか 4 勝というのは、ちと意外ですね。Henri Toivonen は 3 勝止まりでした……。

「一発屋」組が、プジョーでひっそりと活躍した(ぇ)Harri Rovanpera、ヘンリ・トイボネンの記録を破った Jari-Matti Latvala、そして Pentti AirikkalaKyösti Hämäläinen(ウムラウト多すぎ(笑))の 4 人です。ロバンペラはこのまま「一発屋」のまま終わると見て間違いなさそうですが、ラトバラはあと何回か勝てる日が来るでしょう。アイリッカラはスウェーデンと 1000 湖と RAC しか出なかったと言いますし、ハマライネン(ヘメレイネン)はプライベーターでありながら、1977 年の 1000 湖に勝ってしまったみたいです。古き良き時代……ですね。

ヘンリ・トイボネンについては……。また日を改めて。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク