2008年12月27日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

ゲルハルト・ベルガー快走中

 


フジテレビなんとか(721 か 739 かどっちかなんだけど……。CS302 なんですが……)でやってる F1 Legends 見てます。今日は 1987 年の鈴鹿をやってるみたいです。なんかゲルハルト・ベルガーのフェラーリが快走してますねぇ。真っ赤な車体に Agip のロゴと FIAT のロゴ、そしてひっそりと DEC の [d|i|g|i|t|a|l] のロゴが入っているのが……何とも素敵です。

フジテレビ 721 で放送しているみたいです(答合わせしました)。

ロータスも elf も無くなっちゃいましたねぇ

中嶋悟(a.k.a. 一貴パパ)のロータス 99T には CAMEL カラーに DeLonghi のロゴが。オイルヒーターとかで有名なあのデロンギですね。それからノーズには elf のロゴも。elf って、確か Total に買収されたか合併したか、なんかそんな感じで今は(ブランドとしては)無くなったような記憶が……。

あ、マクラーレン・TAG ポルシェにステファン・ヨハンソンが乗ってる(・∀・)。この人、結局 1 勝もできなかったですよね、確か。ベネトンのテオ・ファビは曹操に、じゃなくて早々にリタイヤしちゃってましたが、この御仁も、確か 1 勝もできなかった記憶が……。

「気流を整える」という発想があるか、無いか

ベネトンは、この年既に緑と黄色と赤と青のド派手なカラーリングになっていたんですね。ノーズのデザインは、すごく空力的に良さそうですね……。確か、ロリー・バーンの設計ですよね、これ。ロータスやフェラーリのデザインと比べると、2 年ほど先を行っているような印象を受けます。新幹線で言うと 300 系と 700 系くらいの違いがありますね(わかる人にはわかる)。

ゲルハルト・ベルガーのフェラーリには、ウィングの両端に蛍光色のステッカーのようなものが貼ってあって、遠目にもわかるようになっていましたね。この風習?は、1990 年にアラン・プロストが加入した時に無くなった記憶があります(チームメートがナイジェル・マンセルだったので、どっちがナンバーワンか微妙でしたしね)。

スクーデリア・イタリアのエースは誰だっけ

今気づいたんですが、中嶋悟のロータス 99T は、カーナンバー 11 だったんですね。奇数番号がエースナンバーを背負うチームが多い印象があったんですが、よーく考えてみるとネルソン・ピケは 6 番ですし……。あれ? ほかにいい例が思い出せない(笑)。

レイトンハウス・マーチというチームがありましたが、16 番を背負ったイヴァン・カペリがナンバーワンでしたよね、確か。

ロータスのピーター・ウォアとか、ホンダの桜井さんとか、懐かしい顔がいっぱいですねぇ……。

この頃の F1 には夢がありました(笑)

アルボレートの後ろの青白の車は何だろう……。音声を切って見ているのでちょっとわからないんですが、オゼッラのピエルカルロ・ギンザーニあたりだったりするのでしょうか。

うむ、この年は、ギンザーニはリジェに乗っていたみたいですね。件の青白の車はやはりオゼッラだったようですが、ドライバーはどうやらアレックス・カフィだったようです。

おお、ブラバムのアンドレア・デ・チェザリスがストップしている(笑)。そっか、この頃まで olivetti のスポンサードは継続していたんですねぇ。

West カラーのザクスピードも走ってますねぇ(笑)。この車、タバコ広告が規制されていたイギリスや西ドイツ(当時)では、「West」の文字が「East」に変わっていました。安直な発想に乾杯!ですね。

サスの話とか

中嶋悟のオンボードカメラ画像になりました。当時はプルロッド型のフロントサスも少なくなかったんですねぇ……。いつしかプッシュロッド全盛になったんですが、きっかけは何だったかなぁ。ジョン・バーナードのフェラーリ 639 あたりだったでしょうか。

それにしても、中嶋のロータス、サスが良く動いてます。この頃はまだ「リアクティブ・サス」を使っていたんでしたっけ。アクティブ・サスと言えば、ウィリアムズの FW14 に搭載されていたものがとにかく凄かった(凄すぎて?禁止になった?)記憶がありますが、先鞭をつけたのは確かこのロータスなんですよねぇ。とつぜん「ふっ」と油圧が抜けて操縦不能になったりしたこともあったようですが……。

これまた懐かしい……

あ、USF&J カラーのアロウズも走ってる(・∀・)。ジョーダンもザウバーもミナルディすらも優勝しちゃったことを考えると、アロウズが一度も優勝できなかったのはお気の毒でした。あとはレッドブルかな? ふふっ(笑)。

あ……。ピケがリタイアした……orz。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事