2009年1月7日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

出初め式は「初め」なのに仕事始めが「始め」なのは何故か

 


スランプ継続中です(笑)。今日は名古屋市内の某ホテルに泊まっているのですが、今年に入ってから 4 つめのホテルだったりして……。なーにやってんだか。

出初め式は「初め」なのに仕事始めが「始め」なのは何故か

一昨日、おそらく大半の会社が「出初め式」……じゃなくて「仕事始め」だったと思うのですが、家に帰ろうとタクシーを拾って東京駅に向かう途中、いつになく靖国通りが混雑していることに気づきました。

話しかけたのはどっちだったか、運転手さんだったと思うのですが、「今日は朝からこんな感じ。神田明神に行って、豊川稲荷に行って、靖国神社に行って、そんなのばっか」と。なるほど。このご時世ですからね。

運転手さんは続けて、「神様も大変だぁね。みんなの願い事聞いてやらないといけないんだから」と。まったくその通りで。

稲荷は稲荷に非ず

ところで、今頃になって気づいたのですが、「豊川稲荷」って、曹洞宗のお寺なんですよね(笑)。

豊川稲荷(とよかわいなり)は、愛知県豊川市豊川町 1 番地にある曹洞宗の寺院。豊川市は当寺院の門前町である、「稲荷」と称するが神社ではなく寺院である。
(Wikipedia 日本語版「豊川稲荷」より引用)

なのだそうで。あ、もちろん都内のタクシーが愛知県まで足を伸ばしたわけではない……筈です。

豊川稲荷東京別院(とよかわいなりとうきょうべついん)は、東京都港区元赤坂一丁目に存在する曹洞宗の寺院である。豊川稲荷(愛知県豊川市豊川町 1 番地)の唯一の直轄別院である。
(Wikipedia 日本語版「豊川稲荷東京別院」より引用)

なんか、「唯一の直轄別院」なんて言われると、ちょっと箔が付きますね。

日本三大稲荷

ただ、ふつーは「おいなりさん」と言えば、やっぱり神社ですよね。

日本三大稲荷の 1 つとされる。但し三大稲荷の定義には諸説ある(他の 2 社は伏見稲荷大社、祐徳稲荷神社または笠間稲荷神社と考える稲荷神社が多い。豊川稲荷では自社以外の 2 社を伏見稲荷、祐徳稲荷としている)
(Wikipedia 日本語版「豊川稲荷」より引用)

うん、やっぱ我々関西人に取っての「稲荷」は、稲荷山の麓の「伏見稲荷大社」でしか無いです。高校が近所だったのもあるかも知れませんが……。千本鳥居は一度見ておくといいですよ。

公式参拝の行方

あ、そうそう。今年こそ靖国神社に公式参拝(「公式」って何?)しようと思っていたのですが、結局果たせずじまいでした。次のチャンスは来年かな……。まだ初詣は済ませてないけれど。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク