2009年1月11日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

立山黒部アルペンルートの旅 ─美女平~立山─

 


本編もようやく最終回です。ネタに詰まったときの「つなぎ」的な扱いで失礼しました。

さて、「美女平」の駅にてケーブルカーが到着するのを待ちます。


ホームはご覧の通り、人山の黒だかり……じゃなくて黒山の人だかり。

もちろん、ホームにいる人は、ほぼ全員が観光客なので、こんな写真も撮れてしまいます。


ケーブルカーの写真なんて撮れたもんじゃありません。

車内の様子はと言うと。


はい、ご覧の通りです。よーく見ると「下り 貨車有 連続」と書いてある……ように見えます。

さて。ケーブルカーはあっさりと終点の立山駅に到着します。ケーブルカーのいいところは、途中すれ違う時もほとんどタイムロスが無いところですね。単線ですが、仕組み上は正面衝突のおそれが無いはずなので……。


車両の前になにやら見えます。これは……


このようになっていて、荷物を運ぶことができるみたいです。「貨車有」の「貨車」が、これのことみたいですね。

ケーブルカーというもの自体、ほとんど乗ったことが無い(あとは、比叡山坂本ケーブルくらい?)ので、もしかしたら意外と当たり前なのかもしれませんが、ケーブルカーに貨車がついているのにはちょいと驚かされました。確かに、山岳鉄道においては貨物輸送も重要な機能なので、あっても別に不思議はありませんが……。

前の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク