2009年1月18日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

センター試験実施記念特別企画「地理 A」

 


本日は、センター試験実施記念ということで(どんな記念なんだか)。

センター試験実施記念特別企画「地理 A」

「大学入試」なるものを受験してから、まぁそーとー経つわけなんですが、何の予習もせずに「センター試験」を受験したらどうなるか、ということで。もちろん、科目は選びますけどね。偏差値的には良いほうだと思う「地理」にチャレンジしてみます。

第 1 問

まず……。


のっけから難問がやってきました。まずは第 1 問から……。

問 2 図 1 中の A ~ D の山脈のうち,新規造山帯に位置しているものを,次の (1)~(4) のうちから一つ選べ。[ 2 ]

(1) A (2) B (3) C (4) D

新規造山帯って何ですか? 筋肉少女帯なら多少はわかりますけど……。わけがわかんないので、とりあえず D を選んだのですが、正解は C とのこと。これ、そもそも何という名前の山脈なんでしょう?

次の問題です。


問 6 は、常識で考えれば一目瞭然ですね(正解は (1) の「タ」)。問題は次の 問 7 で、見事に外しました。P が含まれないのはわかったんですが……。(4) Q と R かなぁー、と思ったのですが、正解は (6) R と S との由。そうか、どっちも中緯度高圧帯といえばそれまでですね。

第 2 問

第 2 問では……、グラフを読む問題に見事にひっかかりました(笑)。


問 4 は、何も考えずに (1) を選んだんですが、これ、正解は (3) なんだとか。つまり、(1) については、海面養殖業は減少傾向に無い、として棄却できるわけですね。消去法で (1) を選んだんですが、図 3 のグラフをそのまま読むのではなく、「沖合漁業」「沿岸漁業」「遠洋漁業」(これらを総称すると「海面漁業」になる?)と「海面養殖業」の合計を分母に、図 4 を分子に見ると、確かに 10 % より少ないわけで……。お見事!です。

第 3 問

第 3 問については、マークミスという笑えない間違いがありましたが、それ以外はフルマークでした(^^)。

第 4 問

第 4 問は、問 5 を落としたのですが……。


センター試験で中華料理かよっ!!!。ちなみに正解は (4) なのですが、(2) にしちゃいました。くぅー……。

第 5 問

第 5 問は、一番正答率が悪かったです(半分間違えた;)。


これは……。中国やトルコ、エジプトなどが「低 位」(低体重の子供が少ない:飢餓状態ではない)にあたることは容易に推測できます。つまり、正解は (1) か (3) のどちらかなんですが、インドとインドネシアを秤にかけて、間違えちゃいました(つまり正解は (3))。

改めてアフリカ大陸を見てみると、エチオピアやソマリア、コンゴ民主共和国とウガンダ、モザンビーク、ナミビアなどを比較すれば良かったことに気づくわけで、こうやって見てみると自明でしたね……。ちゃんと見直しておけば正答できたような気もします。


「コートジボワールを探せ!」というクイズ……じゃなくて問題です。これも、ちゃんとグラフを見ればわかる問題でしたね。何を思ったか (1) にしてしまったのですが、正解は (4) でした。「輸出額に占める食料品の割合」なので、有力な産業を持たない国ほど割合は高くなる筈で……。ただ、そもそも全く食料を輸出してないんじゃないか、という誤解があったわけです。

それじゃあ、(1) って一体どこなんでしょう。アルジェリア?


問 5 なんですが、正解は (3) なのだそうです((1) かな? と思ったのですが)。これ、未だに理由がわかりません(汗)。なんででしょう?

というわけで、結果は 78 点でした。まぁ、こんなものかな……と思います。

問題用紙の画像は http://nyushi.yomiuri.co.jp/nyushi/ から引用しました。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク