2009年2月9日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

アルペン男子滑降 #8 ガルミッシュ(2006-07)の感想

 


2007/2/23 に、ドイツはガルミッシュ・パルテンキルヒェンにて行われたダウンヒルの感想です。意外なことに、ここガルミッシュ・パルテンキルヒェンでは、1936 年にオリンピックが開催されていたそうで。ヒトラーが国家元首に就任したのが 1934 年ですから、ハーケン・クロイツが舞う中で開催されたオリンピック、ということになるわけですね……。レオニート・イリイチもびっくりです(←

スタートリスト&カメラ前走

まずはヘリからの映像ですが、雪が無いですね……。まぁヨーロッパの暖冬傾向は今に始まった話では無いのですが、ガルミッシュよオマエもか、って感じになりますね。それにしても、気温 11 度ってのは、いくらなんでも……。

む、このレースはキッツビューエルの代替レースですね。翌日に本来のダウンヒルレースが行われたとか……。間違えて消しちゃったかな?(T_T)

スタートリストを眺めていて……、特にグッと来る話題は無いのですが、地元ドイツのトップが 37 番の Stephan KEPPLER (GER) ってのが……。かつて Markus WASMEIER を輩出した国も、今はこの体たらく。寂しい限りです。

ある意味微笑ましいのは、最後の 4 人が全員ドイツ人ってとこでしょうか(Thomas FISCHERAndreas STRODLJosef FERSTLMathlas WOELFL)。ありきたりな名前が多い(失礼!)ドイツ人にあって、"Mathlas" というのは比較的めずらしい名前ですね。注目しましょう(何に?

あ、そのバスマイヤーがカメラ前走ですか(笑)。

「あれ?」という結果で終わるのがダウンヒル

6 人滑って、1 番スタートの Marc BOTTOLIER-LASQUIN (FRA) がトップを守っています……って、何か不吉な予感が。ボトリエ=ラスキンが勝てるとは思わない(← 断言)ですが、たまーに「あれ?」という結果で終わるのがダウンヒルですから。Max RAUFFER (GER) が突然優勝したり、とかね。

うむ、7 番スタートの Hans GRUGGER (AUT) が -0.57 秒で暫定トップに立ちました。良かったです(←

あんどれい・いぇるまん、すろう゛ぇにえん!

おぉー、同胞の(←)Andrej JERMAN (SLO) が、グルッガーから -0.22 秒でトップに立ちましたね! 場内実況でも「あんどれい・いぇるまん、すろう゛ぇにえん!」とシャウトが入っただけのことはあります。

イェルマンの滑りを改めてチェックしたのですが、とくにここが凄い!と思わせる点は見あたらないように思えます。ただ、全体としてミスが無く、スピードが繋がっていたのが良かったのでしょうか。雪面のバンプをうまく吸収していたようにも見えました。ナイスランですね。

解説の U 木氏が「最後にミスがあった」と言ってましたが、どうなんでしょ。そんなにタイムロスがあるようには思えないのですが。やっぱ解説は千葉信哉さんがいいなぁ(本音)。

Raiffeisen コンビ

Hermann MAIER (AUT) の滑りがしょぼく見えますねー。+2.39 秒で暫定最下位。うーむ。同じく Raiffeisen のスポンサードを受ける Mario SCHEIBER (AUT) が +2.12 秒で暫定ビリから 2 番目。まぁ、こんな日もあるのでしょう。それにしても、黄色地にハンマーが交差するようなこの図柄、工具メーカーに見えて仕方がありません(笑)。



地味に上手い

Fritz STROBL (AUT) は、相変わらず上手いですねぇ。ちょっとクローチングが甘くて早めに腰が浮いていたような気がしたのが惜しまれるところです。

Bode MILLER (USA)、なんか手が前後にバタバタする謎の滑りで +2.29 秒遅れ。Raiffeisen コンビの間に入りました(笑)。こいつは……もしかしなくても、イェルマンが「あれ?」という形で優勝しちゃう……のかな?

イエローフラッグ

うわっ。Michael WALCHHOFER (AUT) が派手にクラッシュしましたね! A ネット? 2 枚を突き破ってシャケってます。内足に変な形で乗ってしまいましたねぇ。トップレーサーにしては珍しい転倒の仕方です。これで、次にスタートした Didier CUCHE (SUI) にイエローフラッグが出ます。

リフトに乗るクーシュ……いい絵です(笑)。いやぁ、それにしてもクーシュが戻ってくるまでスタートを待っているとは律儀な……と思ったら、31 番の Silvan ZURBRIGGEN (SUI) が出ていきました(笑)。そりゃあそうですよね。

ケプラーの法則

今日最初の「ご当地選手」、Stephan KEPPLER (GER) は、今日最初の 2 分を切れなかったタイムで暫定最下位……。うむむ。

あ、Mathlas WOELFL (GER) ですが、実況の吉田さんは思いっきり「マティアス・ヴェルフル」と読んでました……。orz

結果

スロヴェニアのアンドレイ・イェルマンが初優勝!でした。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク