2009年3月8日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

メトロはこね on 千代田線

 


メトロはこね

そうそう。去年の年末に、ふと思い立って「メトロはこね」に乗ってきたのでした。え、「何をマニアックな……」って? いや、たまったまですってば。前日の夜に小田急の Web サイトで「はこね」の時間をチェックしたら、「メトロはこね」の宣伝が出てきたからで……。

えーと、まずは「メトロはこね」って何? というところからですね。新宿から小田原を結ぶ小田急線には、特急「はこね」号が走っています。厳密には、小田原からちょいと先の箱根湯本が終点ですが、それはまぁいいとして。

ところが、この「メトロはこね」号は、新宿ではなくて東京メトロ千代田線の北千住駅から出発します。東京メトロの千代田線(つまり、バリバリの地下鉄)の中を箱根行きの行楽特急が走るという、とってもシュールはことをやってのけている列車、と理解して間違いありません。

北千住駅でのできごと

というわけで、北千住駅前の写真から(ぇ)。


はい。何の変哲もありませんね。なんでこんな写真を撮ったかと言うと……。時間が余ったからでして……。なんせ、一日数本しか無い列車なので、乗り遅れるわけにはいかねーだろー、ということで、気合いを入れてホテルを出て、秋葉原から北千住までつくばエクスプレスに乗ってやってきたんですが……。1 時間前に着いちゃいました。orz

で、とりあえず特急券を……と思って切符売り場に行ってみると、唯一、特急券を販売している切符販売機が故障……。仕方が無いので改札の係員に話してみたところ。「すいません。では、改札の中に入っていただいて、事務室に行っていただけますか?」と。

そんなわけなので、駅の事務室まで歩いていきました。中に入ってみると……まんま事務室。なんか駅に忘れ物をしたときのように落ち着きません(笑)。駅員さんも、慣れない特急券の出札に四苦八苦しながら、無事窓側の席をゲットします。

そして、ホームでのできごと

そんなこんながありながら、ようやく「メトロはこね」が北千住駅にやってきました。……さっそく大変なことになりました(笑)。「メトロはこね」は(確か)10 両編成なんですが、地下鉄の駅では、なぜか一部の車両でしか乗車の扱いが無いのですね。例えば、2 号車と 3 号車はドアが開かなかったりします(記憶をたよりに書いているので、実際には号車番号などが間違ってるかもです)。

気になる乗車率は……というと、これがなんと、北千住を出発した時点でほぼ満席! つまり、それだけの客が北千住駅から、しかも限られた乗車口からタラタラと乗車したわけで……。見たところ、少なくとも 3 分は止まっていたように思えました。今更ながらですが、北千住駅は地下鉄の駅です。当然千代田線の各駅停車も頻繁に走っています。そんな状況でのんびりとホームに止まるわけにもいかないでしょうに……(笑)。

千代田線の車窓から

てなわけで、次は車窓の風景を(笑)。


大手町あたりでしょうか。


もちろん、霞ヶ関にも止まります。


この電車は箱根湯本行き。次の各駅は代々木上原までです。

メトロはこねってこんなヤツ

地下鉄の中をこんな電車が走るわけですからね。東京の懐の深さを思い知りました(笑)。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事