2009年3月14日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「ウェスティンナゴヤキャッスル」編

 


中途半端に眠いので、またも「ホテル探訪」で一本消化します。最近硬派ネタが少なくて申し訳ありません……。一応新ネタ(イスラエル関連)は用意していますので。

珍しい……かどうかわかりませんが、Wikipedia に記事が立っていたので、最初に軽く引用をば。

ウェスティンナゴヤキャッスル (The Westin Nagoya Castle) は、名古屋市西区にある最高級ホテル。スターウッド・ホテル & リゾートの 1 つである。運営はナゴヤキャッスル。
(Wikipedia 日本語版「ウェスティンナゴヤキャッスル」より引用)

「最高級ホテル」と来ましたか。そんなところに泊まれるなんて、私も偉くなったものです(←

1969 年 10 月、ホテルナゴヤキャッスルとして開業。名古屋を代表する高級ホテルとして君臨し続けてきた。2000 年 4 月、スターウッド・ホテル & リゾートのウェスティンホテルに仲間入りし、リノベーションを行い新装オープン。
(Wikipedia 日本語版「ウェスティンナゴヤキャッスル」より引用)

「名古屋を代表する高級ホテル」なんですねぇ。ホテル界の天むすみたいですね(意味不明)。

世界の廊下から

というわけで、まずは廊下の写真から。


やや天井に圧迫感がありますが、それなりに良い雰囲気です。そういえば、ここはベルボーイさんが荷物を運んでくれなかったような気もしないでもありません。2 ヶ月以上前の話なので、正直、記憶が怪しかったりもしますが。

シングル・イズ・ベスト?

お部屋の写真です。


ツイン至上主義者の私にしては珍しく、今回はふつーのシングルです。なんせ「最高級ホテル」ですから(←)、予算の枠内に押さえるには……ゲフンゲフン。

なので、ベッドもふつーのシングルです。まぁ、じゅーぶん広いですけどね。



主張するタオル

バス・トイレは、決して広くは無いものの、清潔かつ機能的にまとまっています。


水栓は独立型。気のせいか、最近サーモスタット型水栓に当たる率が低いような……。あれ、便利なんですけどねぇ。


備品も無駄に(←)ウェスティンを主張しています。



その他、いくつかポイントを

部屋に戻りますと……。これ、スーツ掛けに見えるんですが、


横から見ると、意外な作りに驚かされます(笑)。いや、これはこれで便利なんですけどね。


ドアは懐かしのチェーンロック。なるほど、1969 年にできたホテルなんだったら、理解できなくも無いです。



Rating

ウェスティンというブランドにはグッと来るところがありますし、朝のバイキングなんかもとてもいい雰囲気なので好感が持てますが、部屋がびみょーに狭かったかな、というところで★☆・(星 1 つ半)で! かなり辛い採点ですが、こーでもしないと採点にメリハリがつけられないんで、ご了承下さい。

今更ながらのフォローですが、ロビーなどの共用スペースの雰囲気の良さは特筆すべきものがありますので。尾張名古屋は城で持つって言いますしね(← 意味不明

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク