2009年4月21日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

ちなみに烏丸半島は滋賀県草津市にあります

 


Keep walking...

階段を下りてすぐに止まるのは危険だと思う Bojan さんですこんばんは。

いやですね、今日、大阪難波駅の階段を、ホームに向かってテクテクと下りていたのですね。目の前の女性と同じペースで下りていったんですが、その女性、ホームについた途端に立ち止まってしまってですね……。後ろをついて下りていたわたくしは行き場を失ってしまったトーマス・シェクター状態になってしまったわけで。

ま、シェクターばりのアグレッシブなライン取りで、そんなにタイムロスはせずに済んだのですが、あんまり嬉しいものじゃないですね。しかも、これが初めてじゃないから困ったものです。

spin and win

以前にあったのは、同じく目の前を女性が階段を下りていたのですが、子供の手を引いていたのですね。すなわちツーワイドです。で、階段を下りきったと同時に完全停止ですからね……。右側は階段の手すり、目の前は親子がツーワイド。これはシェクターでもダニー・サリバンでもかわしきれるものではありません。完全停止して、ジル・パニッツィばりに大外を回って凌いだわけです。

マナーと言うか、常識と言うか。発車間際の地下鉄に全速で駆け込むのもどーかと思うんですよね。確かに駆け込んだあなたは 3 分稼げるかもしれないけれど、ドアの開閉で 10 秒ロスしたとすると、地下鉄の乗客(少なく見積もっても 1 両に 60 人は乗っているでしょう。谷町線は 6 両編成だから 360 人)全員から 10 秒を奪うことになるわけで。つまり、トータル 360 秒のロスということですね。

ん、この理屈だと、1 両に 30 人しか乗っていなかったら駆け込み OK ! となるなぁ。うーむ、そいつはまずいか。

ま、なにはともあれ、公共の不利益になるようなことはなるべく避けたいものです。

梅田のステンショ

さてと。JR の「大阪駅」が、その他の私鉄や地下鉄では「梅田駅」となっていることはご存じの方も多いと思います。「東京駅」や「京都駅」、「大阪駅」といった、大都市の名前をそのまま冠した駅名というのは、世界的に見ると(どちらかと言えば)珍しい部類に入るのだそうで。

ま、「台北駅」なんてのもあるわけで、探せばいくらでもあるのかも知れませんが。

「四条烏丸」か「烏丸四条」か、それも問題だったりして

同じ場所にあるのに、鉄道会社の都合で駅名が違うケースはどれくらいあるのかなぁ、などと考えを巡らせているのですが……。あ、阪急の「烏丸駅」と京都市営地下鉄の「四条駅」は良い例かも知れません。この理由ははっきりしていて、烏丸通りを南北に走る「地下鉄烏丸線」は殆どの駅が烏丸通の地下にあるので、「烏丸駅」というネーミングはナンセンス、同様に西院から河原町まで四条通の地下を走る阪急線は「四条駅」というネーミングは取れない、ということです。

ちなみに、地下鉄烏丸線と、御池通を東西に走る地下鉄東西線が交差する駅は、さすがに駅名が違っていてはまずいだろうということで「烏丸御池」駅に改名されました。

ちなみに烏丸半島は滋賀県草津市にあります

そうそう。地下鉄烏丸線にはもっと笑えない話もあって……。

京都市内を南北に走る鉄道は、地下鉄烏丸線ができる前から、京阪本線と国鉄(当時)の山陰本線がありました。京阪本線は鴨川沿いを走る風光明媚な路線だったのですが(地下化されましたが)、地元では「三条京阪」と呼ばれる「三条駅」や「四条駅」、「五条駅」、「七条駅」がありました。ついでに言うと、山陰本線には「二条駅」という、これまたクラシックな駅舎が有名な駅がありました(今もあります)。

そこに、山陰本線と京阪本線の間を南北に貫く地下鉄烏丸線を作ったわけですが、四条通には「四条駅」を、五条通には「五条駅」を作ってしまったわけです。地下鉄四条駅は京阪四条駅とは隣接せず(約 1 km 離れてる)に阪急烏丸駅と隣接するという、何ともおかしな話になってしまいました。

仁義なき戦いは続く

さらに。京阪も地下化を果たした次に、三条から出町柳(今出川通り沿い)まで延長を果たしました。途中、丸太町通り沿いに駅を作ったわけですが、今までのネーミングルールを踏襲して「丸太町駅」を作ってしまい……。そう、地下鉄烏丸線も、烏丸丸太町の交差点に「丸太町駅」を作っていたのです。こうなるともう、利用者のことなどお構いなしの泥沼状態ですね。

この間抜けな話、ここ二十年以上続いていたのですが、京阪が中之島線の開通を気に、「四条」を「祇園四条」に、「五条」を「清水五条」(清水寺に由来)に、「丸太町」と「神宮丸太町」(平安神宮に由来)に名称変更することで落ち着きました。まぁ、果たして地元民にどれだけ浸透しているかはまだまだ微妙だと思いますが……。

うん。結局今日のメインテーマには踏み込めず。まぁ、良くある話ですね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク