2009年5月4日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

アライド富士

 


メディア人の鑑

イタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニ首相が離婚するそうで。70 歳を過ぎてなお世界のメディアにネタを提供し続けてくれた姿勢は、まさにメディア人の鑑だったと言えるのではないかと思います(笑)。いや、あまりにヤバイ発言も多すぎたとは思いますけど……なんかベルルスコーニなら許せてしまいます。AC ミランは好きじゃないですけど(←

え、Ciro Ferrara が Juventus の暫定監督に? しかもネタ元が Tuttosport と来ましたか(笑)。Tuttosport は東スポと良い勝負だと思うのですが、果たしてネタかそれともデマか……(← ハナっから信用していない

「アライド富士」について

予想に反してネタが浮かんでこないので、本日は画像ファイル切り貼り大作戦!を敢行します。えぇと、「アライド富士」という山についてです。

(クリック原寸大系です)

海上に浮かぶ秀麗な山容は「見事!」の一言です。なお、当然のことながら「アライドテレシス」や「コレガ」とは何ら関係はありません。あ、いや、多分関係ないと思います(さすがに確認はしてない)。

あ、この写真は ''This image is in the public domain because it contains materials that originally came from the U.S. National Oceanic and Atmospheric Administration, taken or made during the course of an employee's official duties.'' とのことです。Wikimedia Commons の使い方も、そろそろちゃんとマスターしておかないとですねぇ。

Google Earth で見るアライド富士

アライド富士の場所はこちら。


アライド富士は、千島列島最北端で、占守島の西方海上(幌筵島の北)にぽつんと浮かぶ「阿頼度島」(ロシアでは「アトラソフ島」)にあります。なんか、ほくろみたいなものが見えるかと思います(ちと無理がある)。

千島列島の最北端は、ずっと「占守島」(しゅむしゅとう)だと思っていたのですが、違っていたんですね。「阿頼度島」は「占守島」と比べて戦略的価値が小さかった [要出典] ので、無視されることが多かったのかもしれません。

Google Earth でもうちょい詳しく見るアライド富士

もうちょい拡大しましょうか。


こちらです。左右の真ん中ちょい上方に、ほぼまん丸の島が見えますね。こいつが「阿頼度島」です。


クローズアップするとこんな感じです。

ちなみに、この「アライド富士」の高さは 2,339 m もあります。同じく秀麗な姿を誇る「薩摩富士」こと開聞岳の高さは 924 m と言いますから、アライド富士は「郷土富士」の中でもかなり(高さの意味では)立派なほうだったのではないかと思います。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク