2009年5月11日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第3回「そうだ、松 本、行こう」

 


そもそも、「そうだ、松 本、行こう」となった経緯から書いておきますと、東海北陸道が全線開通したじゃないですか。そいつを走破しておこうと思ったのですね。で、ついでに「この時期(5 月)の北陸道はいいしなぁ」となって、「じゃあついでに白馬周辺の『オリンピック国道』でも押さえておくか」となったわけです。

ただ、北陸道は何度も走ったことのあるおなじみのルートなので、ワクワク感が無いのも事実で。そういえば「飛騨清見から松本まで安房峠越えってのもあるよなぁ」と気がつき、20 年前には無かった筈の「安房トンネル」なんかもあるので、「久々に平湯・安房ルートにでも行ってみるか」となりました。

てなわけで、Day 1 のルートはこちら。


走行予定距離は 432.4 km で、予想される所要時間は 7 時間 3 分とのこと。初日は控えめに、最終日はがっつりと、が基本なので、これで良しです。初めて走る区間は名古屋高速清須線一宮線東海北陸道飛騨清見─白川郷間、そして高山清見道路安房峠道路あたりです。

スペシャルステージは亀山─名古屋西間と一宮─白川郷間、そして白川郷─飛騨清見間です。白川郷─飛騨清見間はリピートステージです(笑)。

ビクターの犬?

家を出たのは 10 時ごろ。前日から寝付きが良くなく、ちょっと遅めになってしまいました。

まず最初は名阪国道からですが、なんとのっけから事故渋滞にひっかかってしまいました。何とも幸先が良くないですが、そんな中で癒されたのが……


こちら。ピックアップトラックの荷台には何と犬の姿が。首都圏ナンバーのクルマだったのですが、雨の中ずーっと旅するのでしょうか。

あぁ制限速度 100 km/h っていいもんだな

渋滞は福住 IC(名阪国道)のあたりで終わり、その後はふつーに快適なドライブでした。途中、桑名 IC(東名阪道)のあたりでは覆面パトカーに検挙されるクルマもいたりして、何だかいやーんな気分になりながら名古屋高速へ。黄金カーブもゆっくりとクリアして、清須線に向かいます。

一宮 IC から名神高速に入り、「あぁ制限速度 100 km/h っていいもんだな」と思いながら、すぐに一宮 JCT から東海北陸道に入ります。この時点で 12 時を少し回ったくらいです。

川島 PA にて

起き抜けに胃を刺激すると色々とアレ(謎)な体質なので、朝食は抜いて家を出てきたのですが、さすがに正午を過ぎるをお腹が空いてくるので、川島 PA(岐阜県各務原市)に小休止。東海北陸道全通記念とか言う「富山ラーメン」にも食指が動いたのですが、油分で胃に負担をかけると色々とアレ(謎)なので、ここはおとなしく山菜うどんをチョイス。やっぱうどんは山菜うどんに限りますね。

川島 PA の駐車場で Citroen BX Break を見かけたので、こっそりと写真に撮ってきました。BX、いいですよねぇ。名探偵コナンの「黒の組織」のお姉さんも BX に乗っていましたし。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク