2009年6月20日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

「大根おろし」と「もみじおろし」に見るアナロジーとメタファーの実際

 


「函館市場」は北海道にありませんが

うちの近所に「丸亀製麺」という讃岐うどんの店がある……という話は、以前にも書きましたね、確か。チェーン店なので、結構いろんな所にあったかと思いますが、最近四国にも進出したとの噂を聞きました。もちろん讃岐うどんの店ですが、細かいことは気にしてはいけません。

で、今日も食べに行ってきたのですが、もう 21 時前かという時間にも関わらず、結構お客さんが入っていました。組み合わせにも依るのですが、それなりに安価で結構お腹いっぱいになれるのがウケているのか、結構繁盛しているようです。

そりゃあ讃岐うどんの基本はセルフですけど

もしかしたら店舗限定とかかも知れませんが、うちの近所の店では、「おろしうどん」を頼むと、大根をひと欠片とおろし金が用意されます。自分で大根を摺り下ろして、おろしたての大根おろしをうどんと合わせて食べる……という趣向です。ぶっちゃけ、面倒くさ(ry

……あ、いやいやいやいや。やっぱりこの手のものもフレッシュなのが一番ですからね。いつ摺り下ろしたかわからない土ショウガが水気を失って単なる繊維状態になっていることを思えば、せめて大根くらい……(← こらこら

生わさびのツンデレ度合について

そういえば、蕎麦も好きなので、たまーに「そじ坊」に行ったりもするのですが、そじ坊で「ざるそば」とかを頼むと、生わさびと「本物の」おろし金を用意してくれますよね。あれが結構嬉しくて……。生わさびの辛みを引き出すのも、これまたテクニックが必要で、もしや生わさびもツンデレ属性なんじゃないかなどと思ったりはしませんけどね、さすがに。

さすがに「デレ」状態のわさびってのは、ちょっとね。

「大根おろし」と「もみじおろし」に見るアナロジーとメタファーの実際

……何の話をしてたんでしたっけ。あ、えーと……。アレ? アレ?

あぁ。大根おろしの話でした。「丸亀製麺」のお店では、「おろしうどん」を頼むと大根をひと欠片丸ごと渡してくれて「自分で摺ってね(はぁと)」となります。何となく子供の教育には良さそうな感じがします。

「へえぇ~、大根おろしってこうやって摺り下ろすから大根おろしなんだぁ(きらきら)」というところまでは、これならママも OK なのですが、「ねぇ、だったらもみじの葉っぱを摺り下ろしたら『もみじおろし』が出来るんだよね?(きらきら)」なんてことを言われたりしたら、「世の中そんなに簡単なものじゃないのよ」などと懇々とこの世の不条理を説く羽目にもなりかねません。あれ? こんな話をするはずじゃ無かったのに……。

おしぼりは『おろしうどん』専用

えぇと、「丸亀製麺」のお店では、おろし金と大根ひと欠片を手渡すお客さんに限って、「紙おしぼり」が手渡されます。その他のお客さんには、テーブルの紙ナプキンを使うしかないわけで、少々不親切です。もちろん、こんなご時世ですから、きちんと洗面所で手洗いを励行するとか、ウェットティッシュを携行するくらいの自己防衛策を取っても「やりすぎ」ではないと思いますが、その辺は店任せにしたいのが人情というもので……。

で、会計を済ませてから天かすとかネギとかをうどんに入れていたところで、従業員同士の会話が聞こえてきました。曰く、「おしぼりを 2 つ 3 つ寄越せって言われて困ったんです(泣)」「あれは『おろしうどん』のお客さんにしかお配りしてません、って言えば良かったのよ」などと……。

検討したまえ(← 上から目線

まぁ、「安くてお腹いっぱい」系のお店なんで、中には道理が引っ込むような客もいるわけですが、確かに紙おしぼりくらいは用意してくれてもいいかな、とも思ったりもします。ちょっと検討してみてはいかがですか、トリドールさん。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク