2009年7月15日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「ホテルメッツ川崎」編(つづき)

 


ん、ニュージーランドでマグニチュード 7.8 ですか。TSUNAMI には注意しないといけませんね。ツバルが島ごと流されていないことを祈るばかりです。

Bojan のホテル探訪~「ホテルメッツ川崎」編(つづき)

さて。川崎駅西口の「ホテルメッツ川崎」についての都筑です。じゃなくて続きです(都筑は横浜市)。駅とバスターミナルの間の空き地?にある JR グループのホテルです。以前は留置線とかがあったのかもしれません。

うちの ATOK では「電留線」(「車を置する路」という意味かな?)という単語は出てきませんでした。一般名詞じゃ無いんでしょうかね。さらに言うと、昔は「引き込み線」ってのもあったような。連れ込み……あ、いや、何でもないです(コホン

デパ地下・駅チカ・ロマンチカ(意味不明)

ですから、部屋からは川崎駅前の喧噪が丸見えです。


こいつは、2008/3/20 の記事でも出てきた「ラゾーナ川崎」ですね。確か東芝の工場跡地だとか聞いたことがあります。あの辺多いですからね。

眼下には客待ちのタクシーが。


ただ、そんなにうるさいとは感じなかったですね。ある程度の騒音対策は織り込み済みなのかも知れません。

電話も遠くになりにけり

おそらくは、シングル 2 部屋分なんじゃないかと思われるこのツイン。広さ(長細さ)を実感させるものがいろいろとありました。例えば


電話のコードレス子機。多くの場合、電話機は枕元にあるので、入口の近くに設置されているソファーからは相当遠い位置にあることになります。バスルームに(有線の)子機があるホテルはかなりあるのですが、ワイヤレスの子機があるホテルはそんなに無いですよね。

ちなみに、枕元からコードレス子機を望んだ写真がこちらです。


(固定)電話も遠くになりにけり、ということでしょうか(そうなのか)。

アースあります

それから


一体何に使えば……と思わせる、充実の電源環境(笑)。ちゃんとアースまであります。まさかマンションとして設計されたなんてことは……。

サーモスタット付き混合水栓普及委員会

風呂場周りはふつーのサイズ。ビジネスホテルとしては上出来の部類の入りますね。


サーモスタット付き混合水栓。やっぱこれですねー……!



Ratings

こちらの「ホテルメッツ川崎」、朝食は 1 階のレストラン「つばめグリル」で食べることができるのですが、疲労と睡魔に負けちゃいました……(ごめんなさい)。なので、その辺が評価に加味されていないのですが……。

えー、やっぱ JR 東日本グループのホテルだけあって、基本的にコンサバな印象があります。必要十分な点はきちんと押さえているな、といったところですね。立地は最高ですし、きちんとしているけれど肩も凝らないし、といったところでしょうか。Rating は文句なしの ★★・(2 つ星)です!

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク