2009年7月18日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

「崩れ落ちる兵士」は、実は「どアタマですべる!」だったか

 


1000 本記念の記事

記念すべき? 1000 本目の記事ですが、特に凝ったことをするのは止めました。なんか「どアタマですべる!」ような気がするので……。

えーと、「『崩れ落ちる兵士』はやらせ?=キャパの戦争報道写真-スペイン紙」なんて記事が時事ドットコムに流れていました。

「崩れ落ちる兵士」

車輪の再発明をするのもアレなので、例によって例のごとく、サクッと引用します。

崩れ落ちる兵士(くずれおちるへいし、英語名:Falling Soldier)は 1936 年 9 月 5 日、報道写真家ロバート・キャパがスペイン内戦のセロ・ムリアーノの戦いに従軍した際に撮影した写真のタイトル。写真はフランスの「VU」誌の表紙を飾り、キャパの名声を一躍有名なものにした。正式なタイトルは「人民戦線兵士の死Loyalist Militiaman at the Moment of Death, Cerro Muriano, September 5, 1936)」。
(Wikipedia 日本語版「崩れ落ちる兵士」より引用)

はい。つまり、この写真は、1936/9/5 にセロ・ムリアーノにて撮影された、とされているようですね。

人民戦線の兵士が頭を撃たれて倒れる瞬間を兵士の前方至近距離から撮影した極めて珍しい写真であり、「報道写真の最高傑作」といわれている。
(Wikipedia 日本語版「崩れ落ちる兵士」より引用)

フェアユースの考え方に基づき「崩れ落ちる兵士」を見てみる

というわけで、実際にどんな写真か見てみましょう。

(アメリカ合衆国著作権法におけるフェアユースの考え方に基づき引用。なお、日本国内における著作権侵害の有無については、日本国著作権法第 32 条(引用)に該当するものと考えますがダメだったらすいません(←←))

確かに、兵士が頭部を打ち抜かれて、まさに倒れようとするその瞬間を鋭く切り取ったように見えます。衝撃的な写真です。しかしながら

そのあまりの完成度から真贋論争が 60 年にわたり続けられ、また頭部の負傷がはっきりと確認できないことからすべってこけた場面ではないかとも言われてきた。
(Wikipedia 日本語版「崩れ落ちる兵士」より引用)

つまり、「どアタマですべる!」だった可能性もあるわけなのだとか(←

あ、「どアタマですべる!」ですが、これは Rammstein の Spieluhr という楽曲において、so hat man es für が「どアタマですべる!」に聞こえる!という空耳アワーのネタです。

セロ・ムリアーノからエスペホまでは 54.2 km

なんかネタがスリップしまくっているようなので、本題に戻りましょうか。

新たな論争
2009 年 7 月 17 日、スペイン紙ペリオディコ(電子版)が、実際に撮影が行われたのはセロ・ムリアーノから約 50 キロ離れた町であるエスペホ付近で撮影されたと主張する記事を掲載。エスペホ付近での交戦は 1936 年 9 月 22 日~25 日のみであったため、この写真は前線から離れた場所で撮られたものと断定した。
(Wikipedia 日本語版「崩れ落ちる兵士」より引用)

ちなみに、元ネタはこちらです。「ここがホントの撮影場所だ!」って写真もあるので、スペイン語に堪能な方はぜひどうぞ。
La solución de la foto del miliciano de Capa deslumbra a los expertos

まぁ、ペリオディコ紙が何を以て「崩れ落ちる兵士」が Espejo で撮影されたと断定したのかは良くわからないですし、事の真贋すら(私には)さっぱりわかりませんが、こういった話題には興味をそそられます。何らかのイデオロギーやらドグマやらに毒された内容なのであれば、ちょっと嫌な気分になりますけどね。

「崩れ落ちる兵士」は、実は「どアタマですべる!」だったか

せっかくなので、ロバート・キャパの略歴を見てみましょうか。

生涯
1913 年 10 月 22 日 - 父フリードマン・デジェーと母ベルコヴィッチ・ユリアンナ・ヘンリエッタの次男としてオーストリア・ハンガリー帝国(現ハンガリー共和国)のブダペストに生まれる。両親は洋服店を営んでいた。
(Wikipedia 日本語版「ロバート・キャパ」から引用)

ふむふむ。ちなみにロバート・キャパの本名はフリードマン・エンドレ・エルネーなのだそうです。ハンガリー人なので姓が先です。

1931 年 - 共産党活動容疑で逮捕される。釈放後はドイツのベルリンで写真通信社「デフォト」の暗室係となる。
1933 年 - ユダヤ人排斥が激しくなり、ベルリンを脱出。ブダペストでヴェレシュ旅行社のカメラマンとなる。翌年にフーク・ブロック通信社の臨時雇いとなる。
1936 年 7 月 - ライカを使用しスペイン内戦勃発とともに従軍し、9 月にコルドバで頭部を撃ち抜かれ倒れる瞬間の人民戦線兵士を撮った「崩れ落ちる兵士」を撮影、フランスのグラフ雑誌「VU」に発表される。自身の本名では英語表記にした際読みにくいことなどから名前をロバート・キャパに変えたのもこの時期とされる。
(Wikipedia 日本語版「ロバート・キャパ」から引用)

つまり、「崩れ落ちる兵士」はキャパ 22 歳の出世作だったことになります。……功を焦ってやっちゃいましたかね? その後のキャパの活躍についてはご存じの方も多いと思いますし、だからと言ってロバート・キャパの功績が全て損なわれることは無いとは思いますが……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事