2009年7月25日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「東京ガーデンパレス」編(つづき)

 


というわけで、ようやく「東京ガーデンパレス」に辿り着いてからの話です。ロビーに入ってみた感じでは、結構歴史がありそうな雰囲気がします。なぁんとなくふつーのホテルとは違うなぁ、と違和感を感じつつ(この「違和感」の詳細は後ほど)、チェックインを済ませて部屋に向かいます。あ、ベルボーイさんはいませんでした。:)

「合わせ鏡」ですね

珍しく廊下の写真から……ですが、


視点の位置からも、天井が意外と高くないことが判ると思います。で、まぁこの辺は、まだ普通なんですが、この先に進むとですね、


うわわわわ……。ホテル・ニュージャパンのフラクタル構造ほどではないとは言え、エッシャーの騙し絵のような感じで何とも言えない雰囲気が……。あの、えーと、鏡を組み合わせて奥行きを無限大に見せる方法があるじゃないですか(何て言うんでしたっけ)、アレを思わせる雰囲気でしょうか。中には気分が悪くなる人もいるかも知れません。

とってもユニーク

ドアの取っ手はこのような、極めてユニークな形です。


ちなみに裏側はこんな形。



全体に質実剛健な感じ

中に入ってみるとこのような感じ。ふつーのツインです(またツインかよ)。


ビジネスデスクと読書椅子?が。全体に質実剛健感が漂います。

おそらく建物自体は結構昔からあるんだと思いますが、室内はご覧の通り今風で、特に古くささは感じません。照明スイッチもこんな感じですし。



ちょっとびみょうな長さになってきたので、ここで一旦切りますね。続きはまた明日にでも。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク