2009年8月17日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

その後の SonicStage 問題とか (訂正記事含む)

 


お盆休みの間ですが、色々あったので疲れました(←)。

相談してみました

えと、相変わらず SonicStage CP で音楽を聴いているのですが、不意に世界の Dell からこんなメールが届いてですね……。今は SONY 謹製のデスクトップスピーカー(実売価格 \3,000 くらい)を接続しているのですが、さすがにちょっと寂しく思えるようになってきましてですね……。



家人に相談してみました(妙なところで気が小さい)。

家 人「いくら?」
わたし「3 万くらい」
家 人「買ったらええやん」

てな感じで、あっさりと背中を押されたので、あっさりと決心してみました。一応、市場価格等を軽くリサーチしてみたところ、

1. HTP-S313 は既に型落ち
2. Amazon.co.jp のほうが安い
3. 対抗はちょい安でヤマハ。ただパイオニアのほうが評価は堅そう

ということだったので、型落ちの HTP-S313 を Amazon.co.jp 経由で購入することにしました。

SonicStage 問題のその後

自室にはデスクトップ PC が 2 台あって、それぞれ XP と Vista が動いていたりします(まぁ、色々と理由はありまして)。以前、Vista に SonicStage X を入れたところ、PACSPTISVR というサービスが CPU を使い切ってくれるという問題にぶち当たり、色々と苦慮していました。結論から言えば、一度 oma ファイルを再生した後で PACSPTISVR を停止すれば良かったのですが、まぁ色々と面倒くさくて。

ですので、その後、Windows XP にデータを移行して、XP 上で SonicStage X を使用していました。XP 環境では PACSPTISVR 問題は発生しなかったので、そこそこ快適に使用していたのですが……。

SAL INTERNAL ERROR

SonicStage が、突然「ふっ」と消失する、という問題が、段々頻繁に起こるようになってきました(特に CD からリッピング中に)。Windows のイベントログには何も残っていないようなので「何だろう?」と思っていたのですが、OpenMG 側のログに色々と残っていることに気づきました。

2009/08/13 19:53:07 [C:\Program Files\Sony\SonicStage\Omgjbox.exe] 00027f30:000295d4 OMGException: (0x23)<3620> - structured exception
2009/08/13 19:53:07 [C:\Program Files\Sony\SonicStage\Omgjbox.exe] 00027f30:000295d4 OMGException: (0x23)<3620> - structured exception
2009/08/13 19:53:20 [C:\Program Files\Sony\SonicStage\Omgjbox.exe] 00029ab4:0001fe7c OMGException: (0x23)<3620> - structured exception
2009/08/13 19:53:20 [C:\Program Files\Sony\SonicStage\Omgjbox.exe] 00029ab4:0001fe7c OMGException: (0x23)<3620> - structured exception
2009/08/13 19:53:20 [C:\Program Files\Sony\SonicStage\Omgjbox.exe] 00029ab4:0001fe7c OMGException: (0x2)<78601> - SAL INTERNAL ERROR: ERR_TID_MTDD,SVR2,ERR_LYR_SAL,ERR_MOD_MT,ERR_MT_LOCAL,ERR_CONTEXT,ERR_CONTEXT_USED,(kind:0x14404023 ext:0x0(0)) in hdwm_gpd_bind_ent.ocm
2009/08/13 19:57:08 [C:\Program Files\Sony\SonicStage\Omgjbox.exe] 0002740c:00040c60 OMGException: (0x23)<3620> - structured exception
2009/08/13 19:57:08 [C:\Program Files\Sony\SonicStage\Omgjbox.exe] 0002740c:00040c60 OMGException: (0x23)<3620> - structured exception
2009/08/13 19:57:08 [C:\Program Files\Sony\SonicStage\Omgjbox.exe] 0002740c:00040c60 m_spOmgPcmToAtpBroker4->begin3() 0x80040423
2009/08/13 19:57:08 [C:\Program Files\Sony\SonicStage\Omgjbox.exe] 0002740c:00040c60 OMGException: (0x2)<78601> - SAL INTERNAL ERROR: ERR_TID_MTDD,SVR2,ERR_LYR_SAL,ERR_MOD_MT,ERR_MT_LOCAL,ERR_CONTEXT,ERR_CONTEXT_USED,(kind:0x14404023 ext:0x0(0)) in nc.ocm
(C:\Program Files\Common Files\Sony Shared\OpenMG\omglog.txt より)

ま、大体こんな感じです。"SAL INTERNAL ERROR" というのがキモかな? とも思えるのですが、ググっても何も引っかかりません。

chkdsk はこまめに実行しましょう

SonicStage X が良くないのかと思い、一旦すべてをアンインストールして、SonicStage CP を入れ直しても現象は変わらず。リッピングの最中には何度か SonicStage を再起動するのが「当たり前」のようになってしまっていました。

Daemon Tools が怪しいかな? とも思ったのですが、どうやらそれも違っていたようでした。うちの環境依存なのだとしたら、あとは RamPhantom3 というソフトウェアで RAM ディスクを作って、環境変数 temp や tmp を RAM ディスクに向けているのが原因……でしょうか?

というわけで、都度 SonicStage を再起動して凌いでいたのですが、リッピング中に exe がお亡くなりになる、ということは、ファイルシステムをガリガリやっている間にお亡くなりになっていた、ということになるわけで……。chkdsk してみるとエラーが出まくり……。昨日だけで 10 回以上 chkdsk c: /f する羽目になりました。orz

結局、サラウンドシステムを買うことになったので、また Vista に SonicStage X を入れ直しました。諸事情あって、今回は以前に使用していたのとは別の H/W で Vista が動いているのですが、今回は PACSPTISVR が CPU を食いつぶすことも(今のところは)無いようで、機嫌良く動いてくれています。

訂正記事 - Realtek は冤罪でした m(_ _)m

あ、そうそう。2009/3/20 の記事で「Realtek ダメじゃん」と書いていたのですが、これもどうやら Realtek は冤罪だったようです(ごめんなさい)。Realtek が装着された Vista マシンで連続してデータの送受信を行うと、結構な確率でネットワークがスタックしてくれたのですが、NIC を Intel に変えても、頻度は違えど現象は再発してくれました。

今は大丈夫になったのですが、多分、Norton 先生が何かやらかしてくれていたのだと思います。いや、Norton 側の設定もいろいろと試していたんですけど、さすがに Norton 抜きで OS 再インストールまではしなかったので……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事