2009年9月4日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

サンフランシスコ 2009/夏 #1 「サンフランシスコへ!(その前に成田へ)」

 


涼しいです。下手すりゃ寒いくらい

意図的にカフェインの量を減らしたら意外と調子がいい Bojan ですこんばんは。いや、今朝も(先日ご紹介した) "MONSTER" を飲んだりしているので、世間一般の水準と比べると決して少なくは無いのでしょうけど……。

そういえば、ヨセミテツアーのガイドさんも「喘息とかが治る人も多い」なんて言っていましたが、あながち誇張でもないのかも知れません。寒暖の差が激しいので、ホントは喘息持ちには良くない筈なんですけどね。

あ、でも、アメリカに永住したいって気持ちは無いですね、今のところ。年間の半分までなら住んでもいいな、なんて思ったりもしましたが(←

まぁ、毎度のことですが、アメリカに来ていると色々と考えさせられるものがあります。まぁ、その辺の戯言はまた追々と……。

今回は JAL で

さてと。どこから書き始めましょうか。えーと、今回は成田から出国しました。関空からも NW(ノースウェスト)だったか UA(ユナイテッド・エアライン)だったかが出ていると聞いたのですが、アメリカ本土への渡航は過去二回とも AA(アメリカン航空)だったので、一度くらいは和製キャリアで行きたいな、ということで。6 月頃に調べたところでは「JAL 悟空」が意外と安かったので、今回は JAL にしました。7 月になってサーチャージがゼロになったと聞いたときは少々悔しい思いをしましたが……。

んで、成田まではどうしよう?ということで、3 年前にロスに渡航した時は (1) 京都まで近鉄、(2) 東京まで新幹線、(3) 成田空港まで成田エクスプレスという、ある意味鉄板のルートを選びました。今回もこのルートを踏襲しても良かったのですが、何となく同じというのもつまらないので、成田まで飛行機で行ってみよう、となりました。

ANA to JAL

本当は、JAL で関空から成田まで、というルートが取れればベストだったんですが、そんな都合の良い便があるわけもなく、結局、伊丹から ANA で成田まで、となりました。

ANA のカウンターで手荷物を預けた際に、「国際線にお乗り継ぎになりますか?」と聞かれたので、「はい」と答えたところ、「どちらの航空会社をご利用になりますか?」と追加で聞かれました。にっこり笑って「JAL で」と答えたところ、係員の女性も至って普通に愛想良く「では、いったん成田で荷物をお引き取りください」と。いや、別に何がおかしいわけでも無いんですけどね。マイルの関係でどちらかの会社を贔屓にする人が多いでしょうから、もしかしたら意外と珍しいのかも?

ANA と JAL、どっちのマイレージカードも持っていて、どちもそれなりに使っているって人、結構いますよね?

伊丹にて

伊丹まではエアポートリムジンで行ったのですが、特に渋滞もせずに 30 分弱で着いたので、朝食兼昼食でも取っておこう! ということで、駐機場が見えるフードコートまで。


うどんと蕎麦が半々に入ったものなんですが、うどんが蕎麦より細いところに驚いてしまいました。どーでもいい話でしたね。すいません。


ANA の機体はエアバス A320 でした。次の JAL がボーイング B777 と聞いているので、ちょうどバランスが取れていていいですね(何のバランスなんだか)。私は飛行機も好きなので、搭乗するときはほぼ必ず機種をチェックするのですが、ふつーはどうなんでしょう?


行方不明のお客さんを待つために駐機中。大阪空港ビルのロゴが意外とクラシックなのが気になってパチリ(←死語)と。うん、ちゃんとしたデジカメを買って良かったです。ケータイだと機内では一切使用できないですからね。

で、機上にて


微妙にレンズが映り込んでいますが、気にしてはいけません。

次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事