2009年10月2日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

No. 26 「トイレ休憩の話」

 


えー、ヨセミテ日帰り日本人バスツアー(←)の話ですが、トイレ休憩は行きに 2 回と帰りに 1 回設定されていました。で、Livermore から Tracy に抜けるあたりで壮絶な数の風力発電用風車を見てから程なく、最初の休憩地にやってきました。


で、例によって地図ですが、緑色の○で囲んだところで休憩しました。ええ、わざわざフリーウェイを下りて休憩したことになります。

最初の休憩地

さて、その最初の休憩地とはどんなところか。


ちょっとシュールすぎるかも知れませんが、これが現実です(←

ALL AMERICAN Espresso Bar

というのはさすがに冗談入ってます(Jokes Inside)。隣にちゃんとお店がありました。


ALL AMERICAN (英語)にして Espresso Bar (イタ語)です。微妙なコンセプトのお店ですね(←


お店を正面から。黒板にチョークでアレコレという装飾?は、万国共通なんでしょうか。


カウンターと接客中のお姉さんを。

畑の真ん中で持ちつ持たれつ

ちなみに、このお店、航空写真で見るとこんな感じです。周りは一面、畑ばかり。


これで果たして商売が成り立つのか、不思議に思えてきます。

さて、ガイド兼ドライバーさんはと言うと、どうやらここでサンドイッチを入手してパクついてらっしゃる由。かくいう私も、この日は朝が早かったので何も食べていません。サンドイッチが美味しそうに見えたので、カウンターのお姉さんに「サンドイッチとかあるの?」と聞いてみたのですが、ニッコリ笑って「ここ(カウンター)にあるのが全てよ☆」とのこと。どうやらサンドイッチは正規のメニューとしては存在しないのかもしれません。

少し品揃えを眺めて、とりあえず手頃な(当たり外れの少なそうな)ハンバーガーをチョイス。いったん奥のキッチン?で暖めてから渡してくれるようです。

多少の邪推をすると、ガイド兼ドライバーさんとこのお店は持ちつ持たれつの関係なんでしょうね。客を連れてくる代わりに朝食を格安で(あるいはタダで)提供してもらっている……ような感じでしょうか。なかなかうまくやっているようです。:)

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク