2009年10月14日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

No. 36 「ヨセミテ国立公園(ブライダルヴェイル滝編)」

 


時代は回る

昨日は久々にアルペンの書庫を更新したのですが、どうやらヘルマン・マイヤーがとうとう現役引退するそうで。確か、通算勝利数はステンマルクに次ぐ 2 位でしたっけね。ぶっちゃけオートバイで事故る前のほうが遙かに凄かったと思いますが、事故からカムバックした後に何度か優勝したのにも相当驚かされました。8 月にはトニー・ザイラーも逝去してしまいましたし、アルペン界にはちょっと寂しい出来事が続きますね。ジャン・クロード・キリーさんも健康には気をつけてください(←

ヨセミテ国立公園(ブライダルヴェイル滝編)

さて、ヨセミテの話です。Tunnel View から Yosemite Lodge に向かう途中です。


右手(方角だと南)に滝が見えてきました。これは Bridalveil Fall という滝なのですが、うっすらと水が流れています(← 日本語が変でも気にしない)。Yosemite Valley に流れ込む滝は、殆どが雪解け水を水源としているので、8 月末には水源が殆ど枯渇しているのですね。だから、この時期にヨセミテに行ったところで滝はほぼ見ることができません。たとえば……


こちらが Upper Yosemite Fall の写真ですが、コーヒーの無いクリープのような状態になっちゃってます(←)。ええ、この時期のヨセミテはこんなもんです(←

ちなみに、意外なことに、http://office.microsoft.com/ja-JP/clipart/results.aspx?qu=j0181805 でブライダルヴェイル滝の jpg が配布されています。本調子のブライダルヴェイル滝を見たい方は是非どうぞ。


せっかくなので(?)、一旦バスを止めて Bridalveil Fall を見てみよう、ということになりました。で、眺めてみたのですが……


殆ど何も見えません(←)。ええ、この時期のヨセミテはこんなもんです(繰り返し)。

まぁ、滝を目当てにヨセミテに行くのであれば、晩夏は NG ですね。ただ、ヨセミテには滝以外にも豊かな自然がたくさんあるので、これはこれで良いものです。

エル・キャピタン


さて。左手にはデビルズタワー……じゃなくて El Capitan が見えてきました。世界最大の一枚岩はオーストラリアのマウント・オーガスタスですが、この El Capitan は「一枚岩では比高が一番高い」とか、「花崗岩の一枚岩では世界一大きい」とか、そんなだそうです。

とっても有名な一枚岩ですが、意外とアクセスの良いところにあるのが驚きです。というか、El Capitan があるから Yosemite Valley に観光客が集中する、ということなんでしょうか? いやいや、そういう訳でも無い筈ですが……。


というわけで、バスは再び Yosemite Lodge に向かいます。

この写真、なんか変だぞ? と思った方は鋭いですね。種明かしは次回の記事で!

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク