2009年11月24日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

サンフランシスコ 2009/夏 #70 「実践!リープフログ戦術(違)」

 


リッチモンド-サン・ラファエル橋への道

さて、ノロノロ運転に辟易しながらオークランド側に渡ったわけですが、次なるターゲットは…… San Pablo 湾を横断する、"Richmond - San Rafael Bridge" の走破です。

ちょうど、「リッチモンド」の文字の左側に (580) と書いてあるあたりが「リッチモンド-サン・ラファエル橋」になります。


えーと、結果的にはこのルートを辿りました。インターステート 880 号線(Nimitz Fwy)からインターステート 580 号線(MacArthur Fwy)の間は、インターステート 238 号をひとっ走りです。

決めごとには何事にも例外がある

さて、この文章で興味深いことが二つほど。まず一つ。インターステート(州間高速道路)の付番規則として、地域レベルでは下二桁が一致する、というものがあります。ですから (80) の近くには (880) だったり (580) があったりするわけですが、ここで何故か (238) という番号のインターステートが出てきました。

……実はこれ、数少ない例外なのだそうです。つまり、本来は

二級州間高速道路
3 桁の番号が付けられた州間高速道路は二級州間高速道路 (Three-digit Interstate Highway) と呼ばれ、一級州間高速道路と直接または二級州間高速道路を介して接続している一級州間高速道路の支線である。二級州間高速道路には州毎に個別の路線番号が付与されるため、同一の路線番号を持つ二級州間高速道路が複数の州に存在する場合もある。ただし同一の州内では同一の路線番号を付与できないため、同一の州に同一の路線番号を持った複数の二級州間高速道路が存在することはない。
(Wikipedia 日本語版「州間高速道路」より引用)

というルールがあるのですね。しかし、

例外
カリフォルニア州オークランドの付近には、本線となる州間高速道路 38 号線が存在しないにも関わらず、州間高速道路 238 号線が存在している。これは、カリフォルニア州道 238 号線が州間高速道路に置換されたためであり、さらに使用可能な適切な番号が存在しなかったためである。
(Wikipedia 日本語版「州間高速道路」より引用)

ということなのだとか。さすがに (1080) を名乗るのは気が引けたんでしょうか。

追憶の南太平洋

あ、それともう一つの「興味深いこと」を書いていなかったですね。……Nimitz Fwy と MacArthur Fwy の由来は、皆さんお気づきですよね。Nimitz はチェスター・ウィリアム・ニミッツのことで、MacArthur はもちろんダグラス・マッカーサーのことです。

……マッカーサーの知名度はさておき、ニミッツ提督がどの程度の知名度があるのか、少々不安だったもので。ちなみに、チェスター・ニミッツは退役後、サンフランシスコとオークランドの間の Yerba Buena 島に居を構えたそうです。Nimitz Fwy は、その Yerba Buena 島を走る Bay Bridge から南東に分岐し、オークランドからサンノゼを結ぶ「二級州間高速道路」の名前になります。

実践!リープフログ戦術(違)

とりあえず、ニミッツは渋滞が酷かったので、迂回してマッカーサーを抜けていきました。要するに、リープフログ戦術です(←

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事