2009年12月19日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

サンフランシスコ 2009/夏 最終回「まさかの展開」

 


違った角度からご覧ください

昨日の記事は、ええ、ちょいと前にあのシュワちゃんがやらかしたアレと同じ手法で解読ください。もっとも、こちらは Web ですから、明示的に段落の区切りを入れて、それでやるしか無いわけですが。思ったよりも難しかったです、ええ。

当然のことながら、最初に頭文字となる文字を決めて、それに当てはまる文章を紡ぐわけですが……「誕」のところで頭を抱えてしまったわけで(←)。いや、いつもながら浅はかだなぁと、我ながら思い知らされたわけなんですけどね。

さて、何書こう?

そんなわけで、「紀行文」と言うにはおこがましいけれども、かといって「旅行記」と言うにもあんまり……なアレ(何だ)ばかり書いていたものですから、もはやふつーの記事の書き方を半ば忘れかけてしまっていたりするわけで。ネタの掘り起こし方からして、再度カンを取り戻していかないといけません。「ケチ=カス運河」とかね。

崖っぷちの……

などと言いながら微妙にネタを引っ張ります(ぉぃ)。レンタカーでドライブに行く前日に、地図を買おうと Powell St.Borders に行きました。Street View でもおわかりのように、"BORDERS BOOKS & MUSIC と書いてあります。現地ではそれなりにメジャーなチェーン店……だと思ったのですが、いかがでしょうか。

ちなみに、この Borders、確か 5 階建てだったのですが、支払いは全て 1 階のレジで行います。日本だと、たとえ同じ店であっても「支払いは同一階で」というパターンが多いように思いますが、レジの機能を 1 階に集約するというのは何とも合理的な話です。

ただ、もちろん他のフロアが無人といったことは無く、コンシェルジュの……というのは言い過ぎか、"May I help you ?" な仕事(どんなだ)をしてくれる人は居るので安心です。立ち読み(座り読み?)している人も結構いましたねー。あれで本屋としてやっていけるのかも少々心配になってきますが、あれでいいのでしょうね、きっと。

本屋とチョコレート屋の境界線

さて。そんな "Books & Music" な Borders のお店なんですが、1 階のレジカウンターには、何と Ghirardelli の袋が! "Ghirardelli" は日本では「ギラデリ」と発音されるようですが、チョコレート屋さんです。近くの Stockton St. にもお店がありました。ちなみに隣の Ferrari Store には F1 マシンも飾ってありました(どうでもいい)。さらに言えば、そのちょい先の Walgreens (マツキヨみたいな店?)にも Ghirardelli のチョコは売っていたのですが、本屋でも薬屋でも手に入るチョコレートってのも……(笑)。

まさかの展開

まぁ、そういうわけで、お目当ての Road Atlas を見つけた後は CD コーナーをうろうろと。で、その後は諸々で $100 近くの商品を抱えて 1 階のレジまで。レジのお兄さん曰く「メンバーカードは持ってますか?」と。まさかの展開です。

「メンバーカードは持ってますか?」
持ってません。
「メールアドレスを記入頂ければその場でお作りしますが、どうしますか?」
(しばし間を置くも考えを巡らせる間もなく)……え、ええ。お願いします。
「じゃ、この用紙に書いて下さい」
(名前とメアドを……と)書きました。
「じゃ、これがカードです。次回から有効ですので、またどうぞ」
……あ、ありがとう(汗)。

そんなやりとりの甲斐もあり(?)、こんなメールがじゃんじゃか来るようになりました(笑)。最近は少し届く数が減りましたし、害もないので、たまーに眺めては楽しんでいるところです。


"Offers and prices not valid outside the United States or in Puerto Rico." なんて書いてありますね。プエルトリコの微妙な位置づけが窺い知れる一文です(←

前の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事