2009年12月20日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

戦利品のご紹介

 


誰も知らない素顔の八代亜紀(懐かしい……)

Final Fantasy XIII の「ヴァニラ」が八代亜紀に見えて仕方が無い Bojan さんですこんにちは。

今日は(今日も?)ちょっと手を抜いて、BORDERS で仕入れてきたものの紹介などを。あ、CD だけですけどね。

"Incanto" Andrea Bocelli


まずはこちら。Andrea Bocelli の新作? が出ていたようなので、とりあえず入手してみました。"Funiculi Funicula" や "Granada" など、どこかで聴いたことのある曲も多いので、当たり外れは少ないと思います。$18.99 也。

そういえば、2001 年に初めてアメリカに行ったときにも、Bocelli の Sogno (だったと思う)を買ったんですよねー。あれからもう 8 年も経つのだなぁ、などと考えるとなかなか感慨深いです。

そうそう、この顔、誰かに似てるなぁーと思っていたのですが、どことなくフラビオ・ブリアトーレに似てませんか? まぁ、イタリア人はみんな同じように見えるだけかも知れませんが……。

"Closer" Josh Groban


Russell Watson 好きならチェックしていてもいい筈の Josh Groban なんですが、食わず嫌いというか、今まで聴いてなかったので、これを機に、というヤツです。同じく $18.99 也。

感想はと言うと、想像以上に良かったです。そういえばこいつも "Caruso" だの "Hymne a l’amour" だの、どこかで聴いたことのある曲が多いのですが、どこかで聴いたことの無かった曲に、ひとつ楽しめたのがありました。また、近いうちにご紹介します。

"Rachmaninov: Piano Concerto #2" Vladimir Ashkenazy 他


安かったので、つい……(←)。いや、だってアシュケナージが $5.99 ですよ!? これは買わない手は無いですよね(←

"Dvořák: Symphony #9, Serenade for Strings"


これも安かったのでつい……(←←)。同じく $5.99 也。「新世界から」と言うからには阪田三吉あたりも出てくるかもしれません(いやない(反語))。

"Worlds Collide" Apocalyptica


ご存じの方はご存じの筈のアポカリプティカの作品です。全員が「シベリウス音楽院」卒というエリート集団?ですが、ジャンル上は Heavy Metal Band です(←

アポカリプティカ (Apocalyptica) はフィンランドのヘヴィメタルバンド。チェリスト3人とドラマーの計4人から成る。チェリストは全員シベリウス音楽院卒。これまでに世界中でアルバムが200万枚以上売られ、ライブで訪れた国は30ヵ国以上に上る。
(Wikipedia 日本語版「アポカリプティカ」より引用)

1996 年に発表されたデビュー作 "Plays Metallica By Four Cellos" は既に入手済みなので、新作を入手してみました。いや、"Burn" というどこかで聴いた曲の名前があったのでそれに興味を惹かれたわけですが……残念ながら違う曲でした(残念)。

まぁ、ざっと but True、じゃなくて、ざっとこんな感じです。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事