2009年12月28日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

ハンガリー狂詩曲 第2番 嬰ハ短調

 


ワーグナーの「タンホイザー序曲」を聴きながら北の丸公園を歩いていたのですが、公園を抜けたあたりでタンホイザーを聴き終え、次の曲が始まりました。次は……リストの「ハンガリー狂詩曲 第2番 嬰ハ短調」です。重っ苦しい「ダダーン♪」で始まるアレなんですが、ピアノではなくオケの演奏なので、オケならではの威圧感が……。


その、つい背筋が伸びてしまいそうな「ババーン♪」(← オケなので擬音を変えてみました)を耳にしたとき、ちょうどここの交差点に差し掛かっていたのでした。どこの交差点かと言えば……。


千鳥ヶ淵」の交差点です。察しの良い方なら、「ハンガリー狂詩曲 第2番 嬰ハ短調」の重っ苦しい雰囲気が、いかにこの場に合っていたかがお判り頂けると思います。そう、あの深刻かつ風雲急を告げるような曲調は、「千鳥ヶ淵」という場所にぴったりなのです。全くの偶然なのですが、実にナイスなセレクションだったのでした。ここでまかり間違えて「ジンギスカン」の「めざせモスクワ」なんかが流れてきた日には目も当てられません……。

リストを聴きながら


さて、木漏れ日が差す歩道を、リストを聴きながら目的地へと進みます。


そう、目的地は「千鳥ケ淵戦没者墓苑」です。

千鳥ケ淵戦没者墓苑(ちどりがふちせんぼつしゃぼえん)は、東京都千代田区三番町にある「無名戦没者の墓」である。第二次世界大戦の折に海外で死亡した日本の軍人・一般人のうち、身元が不明の遺骨を安置するため、1959年(昭和34年)につくられた。「千鳥ヶ淵」とも表記される。
(Wikipedia 日本語版「千鳥ケ淵戦没者墓苑」より引用)

靖国神社に行くのなら、まずはその前に千鳥ヶ淵に。物事には順序というものがある……と思うわけです。個人的に、ですが。

そしてスメタナ「わが祖国」


というわけで、やってきました。


ご覧の通り、入口には人の気配はありません。

そして……、リストの「ハンガリー狂詩曲」は 9 分弱の演奏を終え、次の曲が奏でられました。曲はスメタナの「わが祖国」から『モルダウ』です。

……もちろん偶然の産物なんですが、海外で非業の死を遂げた、身元不詳の邦人が葬られているというこの場所においては、この上ない選曲ではないでしょうか。ここで松山千春が「画~期的な、5 段変速♪」などと歌っていてはお話にならないわけで……(←

画期的な三段オチを決めるだけの筆力は持ち合わせていないので、次回に続きます(←

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事