2010年2月3日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

タンビザヤ上空いらっしゃいませ

 


Google Map には「鉄道路線」として堂々と記載されている「ミャンマー側の泰緬鉄道」ですが、これは「何かの間違い」だと考えています。そう断じた根拠は「航空写真からその存在を確認できないため」なんですが……。

というわけで、Google Earth で見てみましょう。


都合上、ビルマ(ミャンマー)側のタンビザヤThanbyuzayat)から線路跡を追ってみます。


Google Earth で閲覧可能なタンビザヤ周辺の航空写真は、かなり色合いがアンダーなため、軽く補正を加えています。黒い実線は Google Earth がレンダリングした「鉄道路線」ですが、現存する路線においてもベクターデータに間違いが見られます。

例えば、赤い実線が実際のルートですが、Google Earth がレンダリングした黒線は不自然に東側にずれています。つまり、Google Earth が提供している「鉄道路線」のベクターデータの精度は「この程度」ということになります。

空から見る「泰緬鉄道」跡

では、実際に「泰緬鉄道」の「路線跡」を追ってみましょう。


このあたりが、在来線と泰緬鉄道の分岐点だったと見られます。

想定されるルートを引いてみましょう。


赤線が在来線、オレンジ色の線が「泰緬鉄道跡(推測)」です。ちょうどオレンジ色の線の左右で緑の色合いが異なっていることがお判りいただけると思います。


ただ、もう一本、いかにも鉄道跡のような緩やかなカーブが見て取れます(水色の線)。この線のほうが Google Earth がレンダリングする路線(跡)に近いのも気になりますが……この線の正体は「不明」とさせてください。もしかしたらこっちが泰緬鉄道跡である可能性もゼロではない……です。


分岐点からほんの少し南東に進んだところです。黒い実線は Google Earth がレンダリングした「泰緬鉄道跡」ですが、これは参考程度に考えてください。

さて、この写真から「泰緬鉄道跡」がどこであるか、を推理すると……。


オレンジ色の線がそうではないかと。そして、ここでもほぼ並行して水色の線も引けてしまうのですが……んー、どっちも怪しいですね。案外、どっちも正解かも知れません(上り線と下り線……とか)。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク