2010年2月4日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

タンビザヤ上空いらっしゃいませ(第二夜)

 


泰緬鉄道」の跡を空から辿る「タンビザヤ上空いらっしゃいませ」の第二夜がやってきました(いつからシリーズ化したんだか)。


タンビザヤ駅から 8~9 km あたりでしょうか。オレンジ色、あるいは水色の線が線路跡……だと思います。

元ネタがこちら。


明らかに「何かが見える」のがお判りでしょうか。

駅の跡、かな?


さらに少し南東に進んだところです。集落、それも計画的に設計されたと思しき集落の中を、北西から南東に線路が通っていたと思われる地点です。

元ネタはこちら。


ちょっと縮尺を小さくしたので、先程のものよりはわかりづらくなっているかも知れません。気になる方は実際に Google Earth でご確認下さい。

気分はホッケンハイム

続けて、さらに南東に進んだところです。


面白いことに、Google Earth がレンダリングしたベクターデータと、ほぼ平行に線路が通っていたと推察されます。

元ネタはこちら。


一応「何かが見える」と思うのですが、上端に見え隠れする緩やかなカーブが、これが線路の跡だったことを示唆しています。

奇妙なズレ

さらにまっすぐ進んだところです。


Google Earth がレンダリングしたベクターデータは、緩やかにカーブしていることを示唆しています。しかし……何かが見えませんか?


そう、このように、ここはまっすぐ線路が伸びていたと見る方がより自然でしょう。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク