2010年3月6日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

たまには麺類の話

 


たまには趣向を変えて、食べ物の話でも。

牛すじ担々麺

JR 静岡駅 1F の「万豚記」にて食してきました。


挽肉の入っていない担々麺という時点でちょいとユニークかな、と思うのですが、なかなかクセになります。スパイスがかなり利いているので、辛い物が苦手な人には「担々麺」ではないふつーの牛すじラーメン(だったかな?)がおすすめです。魚介ベースのスープがいい感じです。

さぬきうどん

高松市は春日町の「かすが町市場」にて食してきました。


これは、えーと、確か「ざるうどん・大盛」あたりだったかと。大盛だと二玉、特盛だと三玉が基本だったような気がします(しばらく行ってないので記憶があいまいかも)。

現地に行かれた方はご存じかと思いますが、さぬきうどん店では「うどん」の単価が恐ろしく安いです。利益の大半はトッピングから出ているんじゃないかと踏んでいるのですが、実際はどんなものでしょうか。さすがにうどんを原価割れで出している、なんてことは無いと思いますが……。

ちらっと聞いた話では、そこそこの人気店であれば、相当の利益が出せるそうです。

和歌山ラーメン

和歌山の「井出商店」にて食してきました。かなりの有名店らしいのですが、店構えはご覧の通り、大変慎ましいものです。


麺の写真はこちら。


和歌山ラーメンの多くは「しょうゆ豚骨」とされますが、こちらのお店は「豚骨しょうゆ」と言うべきでしょうか。まぁ、どっちゃでもええと言えばそれまでですが。

お味のほうは奇を衒わず「万人向け」といった感じでしょうか。生理的に豚骨を受け付けない人以外は、たぶん大丈夫だと思います。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事