2010年3月16日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

「世界報道自由ランキング」を自由に報道してみる

 


えー……。今日もちょいと手抜きで「国境なき記者団」の話題を。

どんなものにせよ、ランキングというものはそれなりに楽しいものです。「国境なき記者団」の「世界報道自由ランキング」は、どうしても「西欧人の視点」が見え隠れしますが……。

ヨーロッパのマイナーな国あれこれ

というわけで、上から順に、気になる国を見ていきましょう。

まず、2.50 ポイントでベルギーと同点で 11 位につけたマルタですが、意外や意外、2009 年が初エントリーでした。他にも、前年の 1.50 ポイントから 4.00 ポイントに下げ、イギリス、アメリカ合衆国と同点に並んだルクセンブルグも、2008 年が初エントリーだったようです。マルタはさておき(←)、ルクセンブルグがランキングに入っていなかったのは少々意外です。ある意味では欧州連合の中枢の一つなわけですから、それなりに重要?な国だと思うんですけどね……。

地中海の島国キプロスは、2003 年から毎年エントリーされていますが、乱高下を繰り返しつつ今年は 5.50 ポイントで 25 位。2004 年には 22.00 ポイントを記録するも、その翌年の 2005 年には 5.50 ポイントに。その 2 年後の 2007 年には 14.00 ポイントまで落ちながら、また 5.50 ポイントまで戻ってきました。分断国家ならではの複雑な事情があるのでしょうか。それとも WRC が開催された年はポイントが高いとか(←

アフリカの優等生?

6.00 ポイントで 27 位につけたガーナ。アフリカでは最高位です。初年度(2002 年)には 23.00 ポイントと散々でしたが、着実にポイントを上げ、ここ数年は一桁ポイントの常連となりました(2006 年と 2007 年は、日本よりも高順位でした)。

失点が少ない?

逆に、ランキングを開始以来ずーっとポイントを下げ続けているのがトリニダード・トバゴ。ご存じカリブの島国は、初年度の 2003 年度に 1.00 ポイントでデンマークと並んで 5 位につけていたのが、2.00 → 2.00 → 5.00 → 5.00 → 6.13 → 7.00 で 2009 年は 28 位。それでも一桁ポイントで踏みとどまっているのは大したものです。

ちょっと疑問が残るのが……

個人的には「えー?」と思いたくなるのが、8.50 ポイントで 33 位につけた南アフリカ共和国。ベストは 2 年目(2003 年)の 3.33 ポイントで、ワーストでも 2007 年の 13.00 だと言うのですが……。文化的に西欧に近ければ優遇される、ような図式がちらほらと見え隠れするような……。

もっと納得がいかないのが、お隣のナミビア。9.00 ポイントでギリシャと同点の 35 位だと言うのですが……。んー、どっちもどっち、でしょうか。ギリシャも決して「自由な国」とは断言できないような気がするのですけどね。偏見でしょうか。

わが祖国(←)は、と

わが(←)スロベニアは 9.50 ポイントで、ポーランドと同点の 37 位とのこと。旧ユーゴスラヴィアという範疇では、8.75 ポイントで 34 位のマケドニアに次ぐ順位です。

てなわけで、今日はこの辺で……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事