2010年4月4日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

忍者列車の走る街

 


伊賀上野駅から伊賀神戸駅の間を結んでいる胃が……じゃなくて伊賀鉄道には、こんな車両が走っているそうです。


(Wikimedia Commons より借用。この作品の著作権者である「Kansai explorer」氏は、この作品を以下のライセンスで提供しています。:
クリエイティブ・コモンズ 表示 3.0 非移植ライセンス)

これは「忍者列車」と言うらしいのですが、松本零士のデザインに依るものなのだそうです。

上野市(あ、今は「伊賀市」ですが)はかつての城下町で、それなりに栄えていた筈なんですが、何かの間違いで(←)大発展してしまった名張市と比べると相対的な地位の低下は否めないわけで、頑張って町おこししてもらいたいものです……。

忍術で時間を止めた!?

名張市は三重県の西の端っこにありますが、大阪(難波)まで特急電車で 1 時間ということもあり、大阪の通勤圏とされています。そういう意味では「伊賀上野から JR 難波」も、その気になればそれなりの所要時間で到達できる筈なのですが、国鉄時代から続く「旧・関西鉄道への冷遇」もあってか、


各駅停車のディーゼルカーしか走っていないのが現状です。

まぁ、JR がこの辺の開発に乗り気ではない?理由は他にも考えられるんですけどね。山と川に挟まれた峻険な地形もそうですし、旧・上野市には「名阪国道」(国道 25 号線)という、無料の自動車専用道路も通っています。大阪に行くなら車のほうが早いのでしょう、きっと。

素人目で考えると、JR 福知山線と同レベル程度には投資すべきメリットがあるような気がするのですが、赤字路線が多く、ただでさえ経営が楽ではない JR 西日本のことですから、とてもそこまでの余裕は無いのかも知れません。

結果として、伊賀市のあたりだけ、大してインフラの整理が進まないまま今に至る、といった感じになってしまっています。「忍者の街」が、いつしか「レトロな街」になりかねない……かも知れません。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事