2010年6月19日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第33回「襟裳岬へ!」

 


雪が見えます

えー、これは昨日に掲載した写真なのですが、


遠景をトリミングすると、こうなります。


「えりも町」まで 32 km……というのはさておき、そう、雪です! 北海道の中では温暖な印象がある日高地方でも、5 月になっても頂には雪が残っています。残念ながら、山の名前はわかりませんが……。ピンネシリ、あたりでしょうか。

この日 2 つ目のトンネルが見えてきました。右に見える「奇岩」は「ローソク岩」と言うのだそうです。



浦河と様似は全く別の町

様似にやってきました。苫小牧から海沿いに走ってきた JR 日高本線は、ここで終点です。終点が浦河ではなく様似だというのもピンと来なかったのですが、実際に来てみれば、「浦河と様似は全く別の町」ということが良くわかりました。

いや、「浦河都市圏」といったものがあって、様似はそれに含まれるのか、と思ったこともあったわけで。


奥の方に見えるのは「アポイ岳」でしょうか?

襟裳岬へ!

様似から 30 分ほどで「えりも町」です。国道 336 号線は「追分峠」経由でショートカットしますが、襟裳岬を目指す私は歌別で右折して、道道 34 号線に入ります。


面白かったのが、4~5 台前の車が比較的ゆっくり走行していたせいで、5~6 台で連なって走行する羽目になっていたのですが(カーブが多く、意外と追い越しは困難だったのですね)、一台も「追分峠」には向かわず、全台右折して襟裳岬に向かったことでした。そっか、さすがはゴールデンウィークですね。みんな観光目的でドライブしていたようです。

到着!

平取からおよそ 2 時間半、襟裳岬の駐車場に到着です。


太平洋を背にたたずむ 406 ……なんですが、実はこの時、大変なことになっていたのでした。


どう大変だったかと言いますと……明日にしましょう(←

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク