2010年8月25日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「ホテル日航千歳」編(つづき)

 


えーと、「ホテル日航千歳」編のつづき、です。というわけで水回りから。


ごくごく一般的な作りのバス・トイレですね。コメントに困ります(←

シャンプー・コンディショナー・ボディソープはそれぞれボトルタイプ。


やっぱ使い切りタイプよりボトルタイプのほうが、自由に使えて嬉しいですねぇ。

バスのサイズは……


平均的サイズの日本人だったら、狭さは感じない筈です。

水栓は……


残念ながらサーモスタットタイプではなく、湯と水の加減を自分で調節しないといけません。このタイプだと、一度「湯水比」を決めてしまうと下手に水量を変えられないので、結果として湯水が無駄に消費されるような気がするのですが……(偏見?)。

思えば遠くにみ○もんた(←

テレビ局の一覧を見ると「ああ、北海道へ来たんだなぁ」と感慨ひとしおだったりします。


少し驚いたのが外の風景でして……。


これ、翌朝に撮影したのですが、そういえばこの部屋は 2 階だったかな、と。まぁ、高層階の眺めを楽しむコンセプトのホテルではないとは言え、少々申し訳ない気持ちになってしまったり……。

一年の計(?)は朝食にあり

翌朝はホテルで朝食をとりました。改めて……いや、今更ながらに思うんですが、ホテルの真価は朝食にあり!という気がしてきました。料理(食材)の質もさることながら、雰囲気だったり居心地だったり客層だったり、朝食の場に身を置くと、見たくないものまで見えてくる……そんな感じがします。

千歳では、うっかりしていてカメラを持ち込むのを忘れたのですが、前述のポイントはいずれも高得点でした。バイキングだったのですが、料理の質ももちろん合格点で、時間もゆっくり流れていました。やっぱ朝はこうじゃなくてはいけません(← エラそうに

Rating

この「ホテル日航千歳」、千歳市内のホテルの中では割と高級なほうだと思うのですが、いや実際に高級なのでしょうが、ありがたいことにさほど圧迫感はありません。「ホテル日航」の良いところがうまく引き出されているような気がします(← エラそうに)。Rating は「★★★★・」(四つ星)でどーですかお客さん!?

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク