2010年9月12日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の道央・道北の旅 2010 (95) 「ノイビルは今いずこ」

 


「濃昼」と書いてさて何と読む? という問題でしたが……。


はい、正解は「ごきびる」でした。この「ごきびる」も、例によって例のごとく、アイヌ語に由来する地名のように思えるのですが、残念なことに正確な意味は詳らかではないそうです。詳細はまた追々と。

そういえば、ドイツ代表のサッカー選手に Oliver Neuville という選手がいたよな、と。「濃」を「のう」と読めば「のうびる」。どことなくノイビルっぽく思えてきます(誤読だけど)。

トンネルも落盤には無力ですが

崖っぷちの旧道をうち捨て、トンネルで抜けているところも多く見られます。


掘削技術も進歩を遂げた現代にあっては、落石対策を考えると、このほうが明らかに手間もかからないですからね。風情は失われてしまいますが……。

石狩川の蛇行っぷりも見事なものですが

やがて、前方に大きな橋が見えてきます。「石狩河口橋」です。


石狩川の放水路を渡ると、花畔(ばんなぐろ)まではもうすぐです。



ここはどこ?@札幌市内編

Day 4 の最終ゴールは小樽港フェリーターミナル(勝納埠頭)なのですが、なにしろ出港は 23:30 なので、まだ少し時間に余裕があります。ということで、まずは札幌に向かうことにしました。


札幌の中心部に向かうにつれ、交通量も増えてきます。


おそろしく逆光ですが、これ、どこの写真かお判りの方はいらっしゃいますか?


(この写真を撮影したのは 17:13 です。つまり西向きの写真ということになりますね)

「道民雑誌 クォリティ」の謎

札幌の市内をぶらぶらしているうちに、ふと定山渓に行ってみたくなり(なぜだ)、車を走らせてみました。


この「道民雑誌 クォリティ」の看板がとても気になったので撮影してみたのですが、この雑誌、コンビニとかでも販売しているものなのでしょうか!?

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事