2010年10月8日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

アタック・チヤンス終了のお知らせ(←

 


アタック・チヤンス終了のお知らせ

というわけで、正解は「高野山」でした。あまりに「かーんたん」、だったようで失礼しました!


「空手バカ一代」ではないので注意が必要です。般若心経も付いております(しつこい)。

弘法も書体の誤り

こんな看板もあったのですが、


今や弘法も明朝体の時代です。

ゆるキャラビジネス最前線

さすがと言うべきか、マスコットキャラもいたりします。



殿、それは電柱でござる!

不思議なもので、高野山にはいろいろな有名人の墓所があります。通りすがりで見つけたものをいくつかカメラに収めてきたのですが、例えばこちら。


浅野内匠頭墓所」とあります。

「豊」じゃなくて「宿禰」のほう

時代がググッと遡って、こんな人のお墓もありました。


武内宿禰」のお墓みたいです。

偽史好きの方は「竹内文書」という偽書をご存じの方もいらっしゃるかも知れませんが、その生みの親とも言える竹内巨麿は「武内宿禰」の子孫を名乗っていましたね。武内宿禰にとっては「いい迷惑」だったかも知れませんが、そういう本人も 280 歳だの 360 歳だのの長寿だった、なんて話が残っているので、どっちも伝説的存在であることは間違いなさそうです。:)

わかって下さい

びみょーにマイナーな人の墓所もありました。


徳川家康の次男坊だった「結城秀康」の墓所なのですが、「(家康次男)」の但し書きが同情を誘います。そう書いてもらえないとわかってもらえないんでしょうねぇ。わかってもらいたいのは因幡晃だけでは無いということですね(←

アタック・チヤンス再びっ!(←

さて、そんな高野山でみかけた謎の文字。


この柱は、とある納骨塔(← これヒントです)を囲っているものです。

Q: この納骨塔には、どういった方のお骨が納められているのでしょうか?

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事