2010年10月16日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

比叡山延暦寺とスターダストレビューの関係を考える

 


正解は

というわけで……三日もかけてダラダラとお送りしてきました今回のネタ、正解は「比叡山延暦寺」でした。

東塔エリア

まず、ヒントになった(かも知れない)こちらの写真ですが……


はい、国宝「根本中堂」とあります。やはり国宝だけあって?扱いも大々的なもので、


こんな風に大きな石碑(でいいですよね?)があったりしますし、建物自体も


ご覧のように立派なものです。

西塔エリア

根本中堂のあたりを散策した後、車で「西塔」エリアに向かいました。


居士林」というところは、何かと「会員制」なムードの漂う比叡山にあって「唯一広く一般の人々に開放された修行道場」なのだそうです(http://www.hieizan.or.jp/kojirin/kojirin.html より引用)。それにしてもですね……

伝教大師(最澄上人)は「ポストにベストを尽くして、なくてはならない人」こそ国の宝であるといっています。居士林はまさにそうした精神を受け継ぐ人づくりの施設なのです。
http://www.hieizan.or.jp/kojirin/kojirin.html より引用)

伝教大師が「やっぱ、ポストにベストを尽くす人材がリスペクトされるんだよねー」などと口にしていたと想像すると……うぅむ(←


あの(?)「浄土イン」があるところですね。この「浄土院」、実は「伝教大師御廟」とあるように、かの「最澄」が眠るところです。

……やっぱり眠るところだったんだ(←

横川エリア

はい、そして最後が「横川エリア」です。


怪しい英訳が光るこちらの案内板は「横川中堂」のものでした。ちなみに前から見るとこんな建物です。


比叡山延暦寺は、ご存じの通り織田信長に焼き討ちされたりしていますが、信長は「宗教勢力」を焼き討ちにしたと言うよりは、「武装勢力」としての「比叡山」を焼き討ちにした、というのが正しい見方のように思えます。比叡山は多くの僧兵を抱え、京都の近郊にありながら事実上「治外法権」を有していたとも言われます。そういった勢力を信長が好ましく思わなかったことは当然の理で、結果として「お寺の焼き討ち」という、いかにも信長らしいストレートな策に打って出た、ということになります。

この横川中堂は鉄筋コンクリート造らしいのですが、「武装勢力・比叡山」らしい雰囲気が良く出ているかな、と思います。ただ、「お寺はお寺」なのが困ったところで(←)、中にはこのような立派な仏像もあったりします。


こちらの看板には、恵心僧都と「仏さまの世界」が描かれています。「天」と「人間界」には明るい光が差していますが、「修羅道」「餓鬼道」「畜生道」そして「地獄」への道を僧都が自由自在に操っているようで、なんだか凄い構図です(←)。「悪人正機説」なんて考え方もありましたが、愚民に仏様の教えを説くには、やはり FUD (Fear, Uncertainty and Doubt) が手っ取り早い、ということでしょうか。



山上エリア?

最後に山上の展望台からの風景をどうぞ。


「近江大橋」や、「大津プリンスホテル」が見えますね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事