2010年11月6日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

時空の流れに取り残された世界があった(←

 


貴船、気生嶺、気生根

そういえば、前回の答合わせをしていなかったのですが、


貴船神社」でした~(できれば「ドラえもん」ふうに読んでいただけると幸いです……って何なんだか)。「京の奥座敷」として有名なところですが、奥座敷だけあって道路も狭いです……。

二度あることは三毛別(←

では、本日も例によってシークレットでお届けします。さーて、ここはどこでしょうか!?

パーク・アンド・マンサー(←

まずは 1 枚目の写真から。


随分と古そうな佇まいのプラットホームが見えます。ちなみに撮影したのは土曜日の昼間です。

2 枚目。


これまた歴史を感じる佇まいですが、その割には自動改札機が完備されています。もちろん IC カードもおkです。

意地でも 30 分ヘッド

時刻表を拡大してみましょう。


ラッシュアワーという概念は、この路線には無いのかも知れません。

車内の様子です。


本当に誰も乗っていないように見えますが、実際にはこの後、6~7 人のお客さんが乗ってきました。

実は走行速度が光速に近いのかもしれません

それでは、出発進行!


途中の駅も、ご覧の通り。


何だか時間が止まってしまったかのような感じを受けます。いい雰囲気です。

本業はシンガーソングライターの筈ですが

ちなみに……このなぎらさん、決まりすぎだと思うのは私だけでしょうか?



終わりはいつも突然に

さて、ちょいちょいと各駅に停車しているうちに、やがて終着駅にやってきました。


本線のホームが立派なのに比べて、こちらのホームは短いですね……。


さて、これは何という路線かおわかりですか?

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事