2010年11月19日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第2回「めざせ舞鶴!」

 


めざせ舞鶴!

では(←)、「北海道・東北の旅 2010/夏」、Day 0 のルートをご紹介します。


この日のゴールは舞鶴港です。奈良から舞鶴に行くには、いくつかのルートが考えられるのですが、ひとつは近畿道・中国道・舞鶴道を通って舞鶴に至るルート、もうひとつは京奈和道で京都に出て、京都縦貫道を通って綾部に向かい、舞鶴道で舞鶴に至るルートです。ただ、中国道ルートは西宮北 IC と宝塚 IC の間が慢性的に渋滞する、京都縦貫道ルートは京都市内の大半を一般道で抜けるしか無い、と、それぞれ問題点があるので「どっちもやだなー」と思っていました。

ついでに言えば、どちらのルートも走破済み(中国道ルートに至っては、2010/春 で燃費レースをしたルートそのもの)ですし、今回は丸一日かけて舞鶴に行けば良い(距離は約 160 km ですので楽勝ですね)だけなので、新規ルートを開拓することにしました。阪神高速池田線を終点まで走り、川西からは国道 173 号線をひたすら北に、というルートです。このルートも川西市内を抜けるのに渋滞するのは判っていたんですが、まだ中国道よりはマシかな、ということで。

がんばれ、営業部長。

そんなわけで、まずは奈良県内の国道 24 号線を北に向かったのですが、前から気になっていた看板がありまして。


こんな感じで、田んぼの中にポツンと立っているのはいいとしてですね。


まぁ、こんな感じでしろーとのおっちゃんがにこやかにメッセージを訴えかけているのですが……。実はこのおっちゃんの看板、この国道沿いに 3~4 枚ほど集中して掲出されています。もちろんどれも違うメッセージに違う表情です。こうやって無駄に気になる人もいるわけなので、マーケティング的には成功しているのかも知れませんが……。がんばれ、営業部長。

奈良の町外れでせんとくんが叫ぶ

さて、奈良市にやってきました。相変わらずこのあたりは渋滞していますね。


一件、何の変哲もない風景ですが、よーく見ると


遷都 1300 年だったりします。

進路まもれ、車間あけよ

さて、奈良からは第二阪奈で大阪市内へ!


きちんと走っているのに「進路まもれ」って言われても、ねぇ。ちなみにやたらとスピード感があるように見えますが、これはこのカメラの仕様で、光量が不足した場合は気持ちシャッタースピードがゆっくりになる、みたいです。

ETC レーンは時速 20 km 以下で。


過去に二度ほど前車のパニックブレーキにお付き合いしたことがあるので、車間はしっかり確保します……。

都市高速名物

都市高速名物、外車の看板です(笑)。


こんな形のアルファもあるんですねぇ……。

渋滞は人も車も不幸にする

さて、ここが池田線の渋滞の名所「塚本」です。確かに大阪市内方面に向かう車がばっちり渋滞中です。


今度はナビタイムのおっちゃんがいますが、この方、Ian Moore さんというのだそうです。


中国自動車道は……やはり渋滞しているようですね。西宮山口 JCT を先頭に 13 km。思ったほどの渋滞ではありません。ここは、酷いときには関西で一番渋滞が長くなりますからねぇ。

ここまでの走行距離は約 50 km。森ノ宮のあたりでちょいと渋滞に引っかかった以外は順調に走行できています。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク