2010年11月29日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新日本海フェリー「あかしあ」特等 A 乗船記(昼食編)

 


「三航北国日誌」第 11 回です。本日も引き続き、溢れ出すマンネリズム最高潮でお届けします(←

要・事前予約

さて、昼食です! 喧噪や人込みが人一倍苦手な Bojan さんは、静かにお食事ができる「グリル」をチョイスしました。


ホテル……ではなくグリル「霞」です。

さて、何が出てくるのでしょうか?(わくわく)



オードブルから

まずはオードブルから。


「北海縞海老と帆立貝のカクテル カリフラワーのムース添え オレンジ風味」なのだそうです(Web から丸写し)。

メインディッシュは魚料理 or 肉料理(あるいはその両方)

続きましては……


メインディッシュがやってきました。「赤井川産ポークのパイ包み焼き 余市産赤ワインソース」(もちろん Web から丸写し)なのですが、これ、なかなかのお味でした。包み焼きならではの芳醇な肉汁の味わいが……(じゅる)。あ、写真に収めるのをすっかり忘れていますが、パンもあった……筈です。

デザート盛り合わせ

そして次は……


デザートです(汗)。「北海道素材のデザート 3 種盛り合わせ アングレーズソース <フロマージュブランタルト・アフォガート・リンゴのコンポート>」だそうです。言われてみればどことなくイギリス風な感じもします(どこが)。

まぁ、こういった感じで約 40 分ほどかけてゆっくりといただいたのでした(まる)。

世界記録保持者

乗船したのはお盆前の繁忙期ということもあって、乗客サービスにも力を入れている?ようでした。


この方、「もしかめ世界記録保持者」なのだそうです。世の中いろんな世界記録があるものですよね。

これは?

16 時過ぎ、久しぶりに陸地が見えてきました。


これは、奥尻島……かも知れませんね。小樽まではもう少しです。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク