2010年11月30日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新日本海フェリー「あかしあ」特等 A 乗船記(夕食編)

 


「三航北国日誌」第 12 回です。本日も引き続き、信頼と安心のマンネリズム 100% でお届けします(←

完全中継でお届けします(←

さぁーて、夕食は 18 時からです。場所は同じく「グリル『霞』」です。

まずはお造りから

まず最初に出てきたのが……


のっけから飛ばしてきました(←)。「御造り・季節の三点盛り 牡丹海老・真つぶ・サーモン」と「カラスミ大根サラダ仕立て」です。

蕎麦来たっ

次に


「新得蕎麦(万能葱・茗荷・山葵・針海苔)」が出てきました。ちなみに「山葵」は「わさび」と読みますので念のため。

焼き物二点

その次が……


「キンキの柚庵焼きと伊達鶏の山椒焼き」だそうです。和食に疎いわたくし、「柚庵焼きって何?」と思ったのですが、

幽庵焼き(ゆうあんやき)は、和食の焼き物のひとつ。柚庵焼き祐庵焼きともいう。
江戸時代の茶人で、食通でもあった北村祐庵(堅田幽庵)が創案したとされる。
アマダイ、マナガツオ、イナダ、サワラ、カマスなどの魚の切り身や鶏肉などを、 醤油、酒、味醂を1:1:1であわせ、ユズの輪切りを加えてつくった漬けダレである「ゆうあん地」に数日間漬けこみ、汁気を切った後に焼き上げたもの。
(Wikipedia 日本語版「幽庵焼き」より引用)

確かに「幽庵焼き」であれば ATOK 2010 でも変換されますね(「柚庵──」は変換されず)。

メイン(だと思う)登場

さてさて、続けて行きましょう。ついに総大将?の登場です。


「たらば蟹の天麩羅・銀杏串」なのですが……。これ、めちゃ美味です。手前に見える抹茶塩でいただくのですが、これがもう……。「北海道に来てよかった」と思える至福の瞬間です。まだ上陸すらしていませんけど(←

以前にも書いた記憶があるのですが、このためだけにディナーをチョイスするのもアリ!だと思いますです、はい。

しんがりは御飯もので

続きましては……


「いくら御飯・カブの浅漬け・赤だし」です(メニューでは「カブの浅漬け」だったのですが、この日に出たのはそうでは無さそうですね)。

「たらば蟹」でノックアウトされた後なので、もう気分はふわふわです(←

デザートも

おしまいは、


「旬の果物・胡麻アイスクリーム」です。http://www.snf.jp/meal/grill.html には「胡麻アイススクリーム」と書いてありますが、確かに気分はムンクです(意味不明)。

カフェイン補給

コースは以上なのですが、


ちょっと気合いを入れたくなったので(なんでだ)、食後のコーヒーをいただくことにしました(四〇〇円)。



やればできるものです(←

……というわけで、まさかの(←)ディナー完全中継でお届けしました。ケータイのカメラだったらシャッター音が恥ずかしくて無理だったと思いますが、今回はコンデジでこっそりと撮影を敢行しています。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事