2010年12月13日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第16回「豊平峡ダムへ!」

 


「三航北国日誌」第 16 回です。本日の記事は 100% リサイクルされた電子でできています(←

謎の「道民雑誌」

石山通を定山渓に向かって進むと、かならず目に入るのがこの看板なんですが……。


一度、目を通してみたいものです(前にも書いたような)。

定山渓にやってきました

さて、このまま国道 230 号を定山渓に向かって進みます。


……着きました。国道沿いは至って普通の街のように思えます。このまま定山渓をスルーして、中山峠を目指します。

豊平峡ダムへ

本来、札幌には正午あたりまで滞在するつもりでスケジュールを組んでいたので、少し時間に余裕が生まれました。それだったら、ということでちょっと寄り道して、豊平峡ダムを見に行くことにしました。


森の中の小径をひたすら突き進むと……。


目の前に「通行止」の看板が。


そう、豊平峡ダムへは一般車は立ち入ることができないのでした。車を駐車場に止めて、ここからは「ハイブリッド電気バス」に乗って行くことになります。


左の小屋で切符を購入します。料金は往復で 600 円。なかなかリーズナブルな価格設定ですね。既にバスもスタンバイしています。

やはりおしりがいたい(←

前から見た「ハイブリッド電気バス」です。


これは「1 号車」らしいのですが、なかなか素敵な色合いです。

座席は FRP(強化プラスチック)製のもので、ボディと同色ですね。お尻が痛くなりそうですが、長時間座るものではないので問題ありません。


運転席はこちら。


見たところ、普通のマイクロバスと大した違いは無いようです。

今週のデザイナーズブランド(違)

この帽子、何の変哲もないデザインなんですが、何だか気に入ってしまいました(笑)。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク