2010年12月31日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

北海道・東北の旅 2010/夏 (31) 「厚真と言えば『厚真犬』」

 


「三航北国日誌」第 31 回です。今年も皆様には大変お世話になりました。来年もきっと相変わらずこの調子だと思います(←

厚真と言えば「厚真犬」

国道 274 号線を離れ、道道 74 号線を穂別に向かいます。


左折すると平取・穂別市街に向かいます。右折すると……


赤い字で「未開通」と書かれています。厚真と言えば「厚真犬」ですが、ソフトバンクモバイルの「お父さん(犬)」は厚真ではなく「むかわ町生まれ」なのだそうです。

Wikipedia を見てみると……

出身の有名人
キートン山田(声優)
田畑真紀(スピードスケートオリンピック出場選手、バンクーバーオリンピック銀メダリスト)
関ナツエ(スピードスケートオリンピック出場選手)
鈴木靖(スピードスケートオリンピック出場選手)
椿文子(ショートトラックスケートオリンピック出場選手)
坂本一魔(マジシャン)
松井雄飛(ミュージシャン。元・鵡川高校野球部)
鈴木章(科学者。2010年ノーベル化学賞受賞)
(Wikipedia 日本語版「むかわ町」より引用)

とあり、「白戸家のお父さん」の名前はありません。……よーく見ると「出身の有名」とあるので、名前が無くても仕方が無いのかもしれません(←

過疎地における公的サービスのあるべき姿について

穂別の中心部はとても小綺麗で、正直かなり驚きました。


ただ、以前に見た NHK の番組(夕張の医療を扱ったドキュメンタリー番組)では、穂別の病院も医師不足が深刻だ、とのことでした。ここも「高齢者の増加」と「税収の落ち込み」という負のスパイラルに陥っている……ように思えたのですが、実際はどうなのでしょうか。「ハコモノを造れば人も集まるだろう」という安易な考えに陥っていなければいいのですが。

鵡川を渡り、富内に向かいます。


除雪作業の費用も馬鹿にならないらしいですね。このあたりの降雪量はどれほどなんでしょうか。日勝峠のあたりは結構積もる印象があるのですが。

登録有形文化財

道路は鵡川の左岸を走りますが、穂別や富内の集落はどちらも右岸にあります。まだ時間もあるので、再度鵡川を渡って、富内の中心部に向かいます。


なにやら見えてきたので、車を停めてうろうろしてみることにします。続きは来年にでも!(←

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事