2011年3月27日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

北海道・東北の旅 2010/夏 (85) 「夕張駅ほか」

 


「三航北国日誌」第 85 回です。新ネタに行こうかと思ったのですが、調子がイマイチなものでして……(すいません)。

お店? それとも工場?

小高いところにでっかい建物があるのですが、これがどうやら「生キャラメル」のお店?みたいですね。



「石炭の歴史村」の歴史

で、視線を 150 度ほど左に動かしてみると、


「石炭の歴史村」が見えてきます。真ん中に見える塔?を拡大するとこんな感じなのですが、


不本意かもしれませんが、錆び加減がとても良い感じになってしまっていますね。

一応、ゲート?にも寄って写真を撮影してきたのですが、


これだと営業中なのかそうでないのか、良くわかりませんね……。

また逢う日まで

「大駐車場」を後にして、夕張駅のほうに戻ります。


また……来るかも知れませんが、その時にはどうなっているのでしょうね。

少し南のほうに戻ると、夕張駅があります。


この道路、2008 年に来た時も工事中で、その時は通行止めだったような記憶があります。

夕張希望の杜

駅のちょっと北側に「夕張医療センター」があります。


ここは、以前は「夕張市立総合病院」という名前だったそうですが、今ではベッド数 19 床の「診療所」になっています。20 床以上だと「病院」になってしまって手続き面でいろいろな違いが出てくる……と聞いたのですが、想像するに維持コストがかなり違ってくるのでしょうね。規模を大幅に縮小した結果、今ではまったく使用していないフロアもあるそうです。

ホテルマウントレースイ

さて、夕張駅前にやってきました。


いつ見ても威圧感のある外観に圧倒されるのですが、これは……夕張駅ではなく、駅前のホテルです。この裏に冷水山のスキー場があるので、冬場は賑わって……いたら良いのですが、実際の所はどうなのでしょうか。

そして夕張駅

で、夕張駅はと言えば、こちらです。


とても小さな建物ですが、この建物の中に「JR 夕張駅」「夕張市観光案内センター」そしてイタリアンカフェダイニング「ルーチェ・ソラーレ」が入っているとのこと。噂の?「ルーチェ・ソラーレ」には、一度足を運んでみたいものです。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事