2011年5月22日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

アイヌ語地名の傾向と対策 (50) 「カスペ・能津登・鮫取澗・歌棄」

 


本日は、せめて歌棄までは……あ、間に合った(←



カスペ(かすぺ)

岩内の町から見て、雷電岬のやや手前に「雷電温泉」があるのですが、そのあたりに「カスペノ岬」や「カスペトンネル」という地名?があるようです。小地名すぎるからか、手元のネタ本には記載が無いようですので、推理してみましょう!

kas-pe(より正確には kas-un-pe かも)だとすると、「仮小屋・ある・もの(所)」といった意味になります。ただ、pe には「水」という意味もありますし、kas-u には「上を越す」「徒渉する」という意味があるそうで。ここは kas-u-pe で「水の上を越える」という解釈もできそうですが、これだと名詞が無いので地名っぽくありません(何かが欠けている、ということに)。

と考えると、kas-u-pe で「徒渉する・もの(所)」と考えるのが自然かも知れません。このあたりは山が海にそのまま落ちているような厳しい地形です。移動するには海辺の道無き道を徒渉するしか無かった……とは考えられないでしょうかっ?

あるいは、この「カスペ」はアイヌ語由来では無い……かも知れません(2015/1/12 追記)。

能津登(のつと)

蘭越町と寿都町の境に「尻別岬」があるのですが、そこをショートカットしているトンネルが「能津登トンネル」です。これは not で「」ではないか、と考えられるのですが、それだと「と」の音があまりに明瞭に残っているのが不自然に思えます。

某所(どこだ)でゲットした松浦武四郎の「竹四郎日誌 按西扈従」を見てみると、「ノツト」としながらも、「またノトロとも云。」としています。なるほど、これだと not-oro で「岬・の所」となり、地名としては文法的にもバッチリ!となります。「ろ」はどこへ行った? という指摘もあろうかと思いますが、……台湾あたりに帰ったのではないかと(←

鮫取澗(さめとりま)

これも「角川──」には記載が無かった小地名なんですが、山田秀三さんの「北海道の地名」にヒントがありました。

西蝦夷日誌は西から来て「鮫コイキ泊。小湾。鮫取泊の義也。一名ホロベツと云。橋有今是を以て境(歌棄と磯谷の)とす」と書いた。サメ・コイキ・トマリは「鮫を・捕る・泊地」の意。今鮫取澗という。
(山田秀三「北海道の地名」草風館 p.459 より引用)

ヒントと言うか……、答か(←)。same-koyki-tomari で「鮫・捕る・泊地」ですね(うぉぉ、そのまんまだ!)。ちなみに「鮫」は konkane-sik-o または same で、その「コンカネシコ」は「黄金・いっぱいである・入っている」といった意味になります。「黄金」ってまさか「キャビア」のことだったりして……。いずれにせよ、日本語からの借用のようですね。

歌棄(うたすつ)

ここは簡単に……。ota-sut で「砂浜・根もと」といった意味ですね。これは基本中の基本という認識だったのか、知里さんの「──小辞典」にも、そのものズバリの項目があります。

ota-sut, -i/-u オたスッ ‘砂浜〔の〕根もと’の義。海から上れば砂浜があり,その砂浜をつっきって砂丘の上に上れば草原がある。その砂浜が尽きて草原になる辺りを‘砂浜の根もと’と言うのである。=ota-sam.
(知里真志保「地名アイヌ語小辞典」北海道出版企画センター p.83 より引用)

はい、本日は以上!(←

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク