2011年5月26日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第118回「帳尻を合わせるのは得意です」

 


「三航北国日誌」第 118 回です。激動の Day 5(←)もついにゴールイン!です。

ひたすらひた走る

国道 278 号「恵山国道」を、ひたすら函館市中心部に向けてひた走ります(ん、「ひたすらひた走る」って「馬から落馬」系でしょうか?)。すると、またしても路線バスに遭遇。


結構な頻度で走っているようですね。戦前から戦中にかけて鉄道敷設の計画があったことも頷ける……かもしれません。実際に途中までは工事が進んだんですが、戦局の悪化と共に工事線は放棄され、そのまま現在に至る……というお話です。山手に見えるコンクリートアーチ橋がその遺構です。


それにしても、天気が悪いとどうにもいけませんね。2 年前に戸井に来た時は、


少なくとも雨は降っていなかったですし、


こんな写真も撮れたんですよねぇ。

Q: 函館とドイツの共通点は?

およそ 20 分ほど走った後、函館空港の横を通り抜け、ようやく湯の川温泉(の近く)に着きました。


とうとう函館ですね……。いや、随分前から「函館市」には入っているんですけどね。

禁止です!

前方には、何やら「禁止」の案内が。


はい、これは


の案内でした。夜間は函館山へのマイカー乗り入れが規制されている、ということのようです。横断幕も出ていますね。



帳尻を合わせるのは得意です

ついに函館駅前に到着です!


まるで計算したかのように午後 6 時着。実際はご存じの通り、大雨による通行止めの影響でその場でルート変更をした結果なんですけどね。

あ、「外国人墓地」が「外国人基地」に見えたというのはナイショですよ!

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク