2011年6月1日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「函館国際ホテル」編(つづき)

 


引き続きまして、これまたいつも通りに水まわり編です。


市松模様のタイルがオサレ(←)ですね。この色遣いは嫌いじゃないです。

洗面所とかバスタブとか

ごくごく一般的なサイズの洗面所に


これまた一般的な備品の数々が並びます。


バスタブのサイズは……足を伸ばすにはちょっと厳しいかな?


バルブは湯・水が別々のタイプのものです。これだと水量と湯温を独立して調整できないのでちょっと面倒なんですよねぇ。


ただ、シャンプーやボディソープがボトルタイプなのは嬉しい限りです。小分けにされたものもありますが、あれってパッケージを含めて無駄が多いと思うんですよねぇ。

エアコンとか新聞とか

さて、部屋に戻りましょう。


エアコンは独自に室温が設定できるものです。当たり前のようにも思えますが、意外と設定ができないホテルって多いものなのですよ。

窓際のテーブルには……


新聞は《有料》なのだそうです。まぁ、これでいいような気もしますね。部屋代に含まれているならばありがたく読ませて貰いますし、含まれていないのであれば……わざわざ買わないような気も(←)。いや、買えば読むんでしょうけどねぇ。買えばいいのか。そうか(←

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク