2011年6月16日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第129回「風の神『ばあゆ』」

 


「三航北国日誌」第 129 回です。あばばばばば……(← 壊れたか

日本インド化計画

無事に乗船が完了したので、津軽海峡フェリー「ばあゆ」の船内をウロウロと見て回ります。あ、その前に「ばあゆ」の由来ですが、http://www.tsugarukaikyo.co.jp/ferry/vayu/ によれば「インド神話のヴァーユ(風の神)から名づけられました」ということだそうです。何故にインド?という質問は無しの方向でお願いします(←

オープンデッキは超オープンだった

車両甲板では、相変わらず車両の積み込み作業が続いていますが、


上方の、旅客甲板に上がりましょう。


客室に入るには、いったんオープンデッキを経由しないといけません。


これはまた、おそろしくオープンなデザインですね……。

喫煙所(だったかな?)

こちらは船尾の部分ですが……


何だか駅の待合室のような雰囲気ですね。

売店

船室内に入ると、売店がありました。


小さなスペースで手広く商売している感じがしますね。

指定席

この「ばあゆ」は、「2 等客室」のみのモノクラスです。但し、10 席だけリクライニングシートの「指定席」が存在します。できれば「指定席」を取りたかったのですが、さすがは真夏の繁忙期、全席売り切れでした……。その「指定席」の入口がこちら。


さすがに中をのぞき見ることはできませんでした……。

カーペット席!

そして、指定席じゃ無いほうの「2 等客室」と言えば……


こちらです。そう、椅子すら無い「カーペット席」なのですね。こういった客室はさすがに初めてだったので面食らいましたね……。花見の席と同じで、場所取りが大切みたいです。

ちなみに

ちなみに、2008 年に乗船した「ナッチャン Rera」の「エグゼクティブシングル」はこんな感じでした。


いや~、随分と違うものですねー(笑)。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク