2011年7月5日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

北海道・東北の旅 2010/夏 (142) 「よどみに浮かぶうたかたは、当分そのまんま」

 


「三航北国日誌」第 142 回です。今日もむつ湾フェリー「かもしか」の話題を懲りずに続けます。

船舶上部いらっしゃいませ

最近のフェリーは、航行速度が上がっていることもあって、上部デッキへの立入を禁止しているケースが多いのですが、その点むつ湾フェリーさんはなかなか太っ腹のようで、自由に立ち入ることができます。

というわけで、早速上がってみました。


おおー、なんだかテニスコートのような雰囲気ですね(色合いが)。


前方には操縦室があるので、ここから先には行けません。


海を眺めているのはご夫婦でしょうか。なんだかいいですねー。

多角的な視点

振り返れば、遙か遠く……、今度は「脇野沢」の街が見えます。


右側には、こんな形の島も。


灯台の大きさを考慮すると、そこそこ大きい島のようですね。左側の島が尾ヒレのようにも見えます。

ちょっと違う角度から見てみると……


今度は座礁した潜水艦のようにも見えますね。

行く川の流れは絶えずして──

何やらブイのようなものも見えます。


こういったものは、潮に流されない限りは位置を変えないのだと思うのですが、頭では理解していてもなかなかしっくり来ないものですね。日本人としては「行く川の流れは絶えずして──」のほうがしっくり来るような気がします。

それにしても、私はこの「方丈記」の冒頭部が本当に好きなんですね(笑)。何度引用したことか……。

久しくとどまることなし

よどみに浮かぶうたかたにも飽きてきたので(←)、学食……じゃなくて「特別室」に戻りましょう。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事