2011年7月18日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

北海道・東北の旅 2010/夏 (151) 「坂道をゆく、階段をゆく、『あじさい』を踏む、以下繰り返し(←)」

 


「三航北国日誌」第 151 回です。本日も引き続き国道 339 号(階段国道)を行きます。……いつまでこのネタで引っ張るつもりなんでしょ(汗)。

長い坂の絵のフレーム

中腹部の展望台(っぽいところ)で一服した後は、再び上り坂です。


それにしても、あじさいの花の色合いは素敵ですよね。この世の中で一番好きな色合いかも知れません。


さーて、再び階段です! 上の駐車場から降りてくる観光客の姿も見えます。


この鉢?は一体何でしょうか? 素焼きのようにも見えますが、下部の歪み具合を見るとプラスチック製なんでしょうか……? 触ってくれば良かったなぁ。



で、またしても……

駐車場に戻る途中の観光客の方に追いつきました。


息も上がり気味なので小休止……。で、足元を見ると


「あじさい」です(←

あと少し、で、またs(ry

階段国道の終点まではもう少しです。


で、再び足元を見ると……


またしても「あじさい」。ここまでしてあじさいを踏ませたいのはどういった意図があるのでしょうか(←)。まぁ、ひらがなの「あじさい」はかなりキュートだと思いますけどね(笑)。

ゴールっ!

さて……ようやくゴールが見えてきました!


362 段を約 7 分で登り切りました。おおよそ 1.2 秒に 1 段のペースですね。

さぁ、明日からは「階段国道・下り編」です!(←

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事