2011年7月19日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第152回「階段をゆく・下り編」

 


「三航北国日誌」第 152 回です。本日からは「階段国道・下り編」をお届けします(←

いかにも「観光地」っぽい

青森県は外ヶ浜町(旧・三厩村)の国道 339 号線、通称「階段国道」を、ようやく昇り切りました。いや、時間に直すとほんの 7~8 分なんですが……。


これは「階段の上」の写真なんですが、なるほど、これだといかにも「観光資源」って感じですね。お二人で来られていた方が互いに記念撮影をされていたので、気を利かせて?カメラをお借りして、シャッターを押してさしあげたりもしたのでした。

どう見ても「観光地」っぽくない

再掲になりますが、麓側の写真がこちら。


うーん、随分と雰囲気が違いますね。こうやって見ると、観光客はどちらから入るべきなのかは一目瞭然でしたね……。orz

二匹目の……

「階段国道」のてっぺんで、周りを眺めて見ると……


今度は「階段村道」なのだそうです(笑)。歩いてみても良かったのですが、さすがにキリが無いので今回は諦めましょう……。

ご存じの方はご存じの通り、この日は結構なハードスケジュールで、あまり竜飛岬に長居できないという事情もありました。

階段国道・下り編

というわけなので、風景を眺めるのもほどほどに、今度は階段を下りていきましょう。


えーと、左側になにやら案内板がありますね。


ああ、これは先ほど麓の方にもあったのと同じ内容ですね。でも、こちらのほうがデザインもポップな気が……。

除雪しておりません

そして、右側には燦然と輝く「国道 339 号」の標識と「階段国道」の文字が。


「この階段は除雪しておりませんのでご注意願います。」という但し書きもイカしていますね(死語?)。

最初に楽をするか、後に取っておくか

さぁて、では、階段国道を降りていきましょう。


いやー、さっきの昇りとは打って変わって、降りるのは随分と楽ですねー。

実は結構な……

階段を降りてゆくうちに、この階段国道は、実は結構なビューポイントだったことを知ります。


そして、再び燦然と輝く国道マーク。


まだもう少し、続きます。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク