2011年9月15日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

隠岐ジオパークの旅 (6) 「余部橋梁」

 


「ジオパーク」とは(まだまだつづくよ)

昨日に引き続き、ジオパークについてのあれこれから。

ジオパークの活動は、ヨーロッパで始まり、そこと中国に多くの GGN 加盟ジオパークがある。
(Wikipedia 日本語版「ジオパーク」より引用)

GGN =「世界ジオパークネットワーク」です。ちょっとイマイチな文章ですが、まぁこんなこともありますね(私の文章じゃないですし)。ちなみに、地学的に特色のある地形は汎地球的に存在している筈なのですが、

北アメリカ大陸とアフリカ大陸には、今のところジオパークはない。
(Wikipedia 日本語版「ジオパーク」より引用)

のだそうです。これはちょっと意外ですね……。

旅は道連れ、綺麗さっぱりノープラン

ではでは、いつも通りの内容に戻ります。福知山駅で「同乗者 2 号さん」をピックアップして、近くのラーメン屋さんでお昼をいただいた……という所まで書いていましたね。このあとは綺麗さっぱりノープランだったので、とりあえず「天橋立を見に行こう」ということになりました。

これまた一年前に撮影した写真の使い回しで恐縮ですが、


福知山から国道 175 号を北上して、舞鶴大江 IC からは京都縦貫自動車道へ。いつもは車の姿を殆ど見かけない(←)道路なんですが、この日は結構な数の車が走っていました。さすがはお盆ですね……。

宮津天橋立 IC で流出して、その後は天橋立の南側からぐるっと回って北側まで。ただ、車を停めてじっくり見物するだけの時間は無かったので、結果として写真は一枚も残っていません。

「鳥取豊岡宮津自動車道」という地域高規格道路の一角を成す

その後は国道 312 号を西に向かい、久美浜からは国道 178 号で豊岡へ。さらに国道 178 号を西に向かい「香住道路」へ。この「香住道路」は国道 178 号の一部ですが、「鳥取豊岡宮津自動車道」という地域高規格道路の一角を成すもの……なんだそうです(へぇー)。

そして餘部

「香住道路」の先は「余部道路」で、現在は余部(あまるべ)IC が終点です。余部 IC で国道 178 号の旧道に戻ると、目の前に……


何やら見慣れない橋が見えます。これは現在工事中の浜坂道路……ではなくて、実はこれが JR 山陰本線の「余部橋梁」です。余部橋梁……いや、「余部鉄橋」は、かつてはこんな形をしていたのですが……


(Wikimedia Commons より借用。このファイルは、Japanese Wikipediaプロジェクトにおいて、著作者である Fe-Taq 氏によりその権利が放棄され、パブリックドメインの状態になっています。)

「余部鉄橋」が架け替えられたという話は耳にはしていたのですが、随分と雰囲気が変わってしまったのには、やはり多少の寂しさを覚えますね……。


Day 1、ゴールイン

その後もひたすら西へと向かい、鳥取砂丘を横目に見ながら鳥取市内に到着。


ちょうどガソリン切れの警告灯も点灯したので、ざっくりとハイオク満タンに。単価が思った以上に高かったので少々驚きましたが……。ホテルに到着したのは 19 時頃でした。この日のマイレージは約 354 km。思ったよりも走りましたね……。

さぁ、翌日はついに隠岐に初上陸!の予定です。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事